*

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム

ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパイクを止め、コースを限定させる重要なプレーです。手を相手の前で構えて移動し、肩甲骨、みぞおちを引き上げるようにして、腕を伸ばして体全身を引き上げるようにジャンプしましょう。

正しいフォームで自分の守備範囲を守る

ブロックは、相手の攻撃を阻止するための第一の壁です。正しいフォームやムダのない動きを身につけ、相手スパイクをブロックしよう。

役割として、止めるのが一番だが、ワンタッチを取るだけでもいいです。後ろでレシーバーが拾ってつないでくれるからです。

一人で止めようとしすぎると、ネットタッチをしてしまったり、ブロックの形が崩れて予測できないところにボール弾かれて、レシーバーが拾えなくなってします。

ブロックは、腕をまっすぐに伸ばし、きれいなフォームで飛ぶことが重要です。自分の守るべき範囲をきっちり守ることで、たとえブロックで止めることができなかったとしても、ディグがやりやすくなり、自チームのチャンスにつなげることができる。

正しいフォームで自分の守備範囲を守る

ブロックのポイント

  1. 足は肩幅より少し広く。ヒザを軽く曲げる。ては頭の上あたりに上げておく。
  2. ネットからの距離は30~40cm程度あけたほうがいい。近づきすぎるとネットタッチしてしまうので、少し離れておく。
  3. 腕がネットから離れないように注意。
  4. ネットから手がよく出る選手は、ボールをつかみにいくようなイメージで手を出す。
  5. 飛んだ後、すぐ腕を下げずに残しておく。

 

チェックポイント

ネットの白帯に沿って腕を相手コートに出していきます。腹筋に力を入れて、身体が「くの字」になるようなイメージで飛びましょう。

上達のコツ!

ネットに近すぎないところでジャンプ

ジャンプする位置がネットに近すぎると、視野が狭くなり、手の前に出せなくなってしまうので注意。少し離れたところから、ジャンプすることを心がけましょう。

相手スパイカーの利き腕の正面に入ろう

1対1のブロックの場合は、相手スパイカーの体の正面ではなく、利き腕の正面に入ろう。自分の顔の中心が、相手の利き腕の方にくるのが目安です。

相手の体の正面に入ってしまうと、相手が右利きの場合は自分の左側、相手が左利きの場合は自分の右側を抜かれやすくなります。

準備のポイント

腕は肩幅でまっすぐ伸ばし、手は大きく広げる。ボールが弾き飛ばされないように、指先までしっかりと力を入れよう。

腕は肩幅でまっすぐ伸ばし、手は大きく広げる

練習法1

カベを押して基本姿勢を身につけよう

ブロックジャンプの練習です。カベに向かってブロックの基本姿勢をとり、ジャンプしてカベを両手を押しつけます。ジャンプする時にはカカトをつけた状態から太腿の裏側、お尻の筋肉を使ってまっすぐ飛ぶことが大切です。

カベに向かってブロックの基本姿勢をとる

ジャンプしてカベに両手で押します

練習法2

ネットを見て視線を上下させない

ブロックの移動で大切なことは目線を上下させないこと。ネットの前に立った時似、自分の目線の高さにあるネットの横糸を見ながらステップ練習をしましょう。常に一定の高さで移動することが無駄なくすばやく動けるブロックのポイントになります。

ネットを見て視線を上下させない

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの遠くまで飛ばせなかったり、うまくコントロールができない!って思う事ありますよね。

続きを読む

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボール始めた人は、初めからサーブが上手く打てることはほとんどありません。サーブは入らないのは当

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑