*

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。

特にスパイクは、パスやサーブよりも強く速いスピードでボールが飛んでくるため、そのボールを上げた時はものすごく嬉しいものです。

スパイクレシーブのポイントは、相手スパイカーの手元をよく見てどこに打ってくるのかよく見極めることです

相手スパイカーが打つ時の助走のコースや、セッターがトスを上げた位置などをすぐに把握して、すばやくボールが飛んでくるであろう位置に入り、ボールがきたら腕を振らないように注意してボールの勢いを吸収しましょう。

腕を振らずボールを当てるだけで、腕の面の角度でしっかりとしていれば簡単にレシーブでボールが上がります。

腕を振ってしまうと腕の面がしかりできずボールを弾いてしまったり、ボールが勢いよくどこかに飛んでいくので、コントールができないレシーブになってしまいます。

腕を振らないように、ボールがくる最短の位置でしっかり腕を組めるように練習をしましょう。

 

ディグを受ける構え方

(1)ボールの落下地点にすばやく移動。ボールがくる前に構える準備をします。この時点で腕を組んで動いてしまうと、動きが遅くなりますし、もし横にきたボールの場合は、腕を振ってとってしまうので腕の面が上手くセッターに向いていないのでボールを横に弾きやすくなります。

ボールの落下地点に移動

(2)スパイクのボールはスピードが速いのでしっかり面を作って待ちます。ボールに負けないようにしっかり腕を板のようにして構えることがポイントです。

スパイクボールスピードが速いのでしっかり面を作って待ちます

(3)セッターの方向に腕の面でボールをとらえてます。ボールが上がった直後は出を振らないように腕の面はセッターに向けたまましましょう。

ボールが上がった直後は腕を振らないように注意

 

ボールの下部分が見える位置でレシーブ

瞬時にコースを判断したら、ボールの下部分が見える位置でレシーブするという意識をもちましょう。そうすることで、ボールの落下地点にすばやく移動できるようになります。

ボールの下を見ようという意識をもつと自然に足が動きます。しっかりとディグの姿勢を低くとることでボールを下から見ることができるので、すばやくボールのコースに反応できます。

相手がスパイクを打つときに、一歩前に出るような感じにすると、足が動いていますので次の動作がスムーズに動くと思います。
 
(1)ボールの落下地点に移動。ボールがくる前に構えておきます。
(2)スパイクボールはスピードが速いのでしっかり面を作って待ちます。
(3)腕の面でボールをとらえて勢いを負けないようにします。
(4)ボールが上がった直後は腕を振らないように注意しよう。
 
 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑