*

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一

トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが100%の状態で打てるトスを上げるということです。スパイカーは本来の助走、ジャンプができて、打ちたいところに打てるトス。レベルが上がるにつれて、速いトスや相手のブロックを振ることも必要だが、セッターは、まずスパイカー一人一人の特性を知り、各選手が打ちやすいトスを丁寧に上げることが最優先です。

トスの基本的なフォームはオーバーハンドパスと同じ。ボールの落下地点にすばやく移動し、ヒジとヒザを同時に伸ばしトスを上げる。サイドへのトスは、しっかりとアンテナまで伸ばし、コースの9mの幅いっぱいに使うことが大切です。

トスが短くなると、打てるコースが限られたり、ブロックされやすいので気をつけよう。

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

左目あたりで早く上げてしまうと、トスがぶれやすいの気をつけましょう
左目の前あたりで早くトスを上げてしまうと、トスがぶれやすいので注意しましょう!

トスの基本

トスは、見方がレシーブしたボールをスパイカーにつなぐ大事なプレーです。トスを上げるセッターは、ボールの落下地点にすばやく移動し、正確にトスを送り出すハンドリングが求められます。

身体の右側を軸にして立ち、ボールを送る方向につま先を向けます。手首を使って頭の真上で柔らかくボールを送り出しましょう。

レシーブしたボールがどこから上がってきてもいいように、セッターは広い視野と瞬時に判断する力が必要です。

トスの上げ方

  1. ボールの落下地点を確認します
  2. ボールが落ちてくる前に両手を準備しておきます
  3. ボールを見ながら全身を使ってボールをとらえます
  4. 下半身、ヒジ、手首の力を使ってボールを送り出しましょう

 

 

準備のポイント

セッターの定位置は、コート中央からライトよりに約1m以内の範囲。ネットからの距離は30cm程度あけておいたほうがいいです。構える時はレフト向きに、右足を少し前に出す。ボールは基本的にセッターの左側から来るので、右足が前の方が対応しやすい。

準備のポイント

上達のコツ!

ポールを目標にしてトスを上げよう

サイドにトスを上げる時に、アンテナまでしっかりトスを伸ばすためには、アンテナではなく、ポールを目標にして上げるといいです。アンテナを目標に上げると、短いトスになってしまうことが多いからです。

ポールを目標にしてトスを上げよう

 
下記の動画で、バレーボールのセッターがトスを上げるコツや練習方法について説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=SvlI79R0kLg


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

サーブの勢いに負けないように腕はしっかり止めて振らないこと

左右にきたボールのとり方(オーバーカット・レセプション)

近年は女子でもジャンプサーブが増え、スピードとパワーのあるサーブを受けることが多くなりました。

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑