*

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一

トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが100%の状態で打てるトスを上げるということです。スパイカーは本来の助走、ジャンプができて、打ちたいところに打てるトス。レベルが上がるにつれて、速いトスや相手のブロックを振ることも必要だが、セッターは、まずスパイカー一人一人の特性を知り、各選手が打ちやすいトスを丁寧に上げることが最優先です。

トスの基本的なフォームはオーバーハンドパスと同じ。ボールの落下地点にすばやく移動し、ヒジとヒザを同時に伸ばしトスを上げる。サイドへのトスは、しっかりとアンテナまで伸ばし、コースの9mの幅いっぱいに使うことが大切です。

トスが短くなると、打てるコースが限られたり、ブロックされやすいので気をつけよう。

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

左目あたりで早く上げてしまうと、トスがぶれやすいの気をつけましょう
左目の前あたりで早くトスを上げてしまうと、トスがぶれやすいので注意しましょう!

トスの基本

トスは、見方がレシーブしたボールをスパイカーにつなぐ大事なプレーです。トスを上げるセッターは、ボールの落下地点にすばやく移動し、正確にトスを送り出すハンドリングが求められます。

身体の右側を軸にして立ち、ボールを送る方向につま先を向けます。手首を使って頭の真上で柔らかくボールを送り出しましょう。

レシーブしたボールがどこから上がってきてもいいように、セッターは広い視野と瞬時に判断する力が必要です。

トスの上げ方

  1. ボールの落下地点を確認します
  2. ボールが落ちてくる前に両手を準備しておきます
  3. ボールを見ながら全身を使ってボールをとらえます
  4. 下半身、ヒジ、手首の力を使ってボールを送り出しましょう

 

 

準備のポイント

セッターの定位置は、コート中央からライトよりに約1m以内の範囲。ネットからの距離は30cm程度あけておいたほうがいいです。構える時はレフト向きに、右足を少し前に出す。ボールは基本的にセッターの左側から来るので、右足が前の方が対応しやすい。

準備のポイント

上達のコツ!

ポールを目標にしてトスを上げよう

サイドにトスを上げる時に、アンテナまでしっかりトスを伸ばすためには、アンテナではなく、ポールを目標にして上げるといいです。アンテナを目標に上げると、短いトスになってしまうことが多いからです。

ポールを目標にしてトスを上げよう

 
下記の動画で、バレーボールのセッターがトスを上げるコツや練習方法について説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=SvlI79R0kLg


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

Bクイック

キレが重要。距離のあるクイックトス(Bクイックトス)

親指に力を入れてボールをすばやく突く Aクイックより距離のある速攻がBクイックです。セッターと

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑