*

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃

スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得点につながる華やかなプレーです。打ち方は今日だからフェイントまで様々で、アタッカーはどんなボールでも自在に打ち分けられる技術を身につけることが必要となります。

スパイクを打つことで重要なのはフォームです。一度変なクセがついてしますと、矯正が難しいので、初心者のうちから基本をしっかり身につけるように心がけましょう。

スパイク基本

1.ステップ

スパイクはきちんとした助走とステップの形があって初めて打てるものです。助走は右利きの場合は、「左・右・左」の3歩助走または5歩助走です。ジャンプしやすい歩幅はコンパクトにしましょう。最初はボールを使わずに練習してしっかりジャンプできる形を作りましょう。

 

2.腕の振り上げ

ジャンプをする時、同時に腕を振りあげます。この腕の振りの勢いを利用することで高く跳ぶことができます。ポイントは腕をしっかりしめること。一度長座の姿勢から腕を振り上げることでお尻を浮かせ、振り方を確かめてみましょう。

 

3.とらえるポイント

スパイクを打つ瞬間は、ひじをまっすく伸ばし、高い打点でボールをとらえます。そして、ボールの芯を手のひら全体で叩きつけます。強いスパイクを打つためには、手首のスナップを使い、空中で手首を返すように打つことも重要です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

スパイクで高くジャンプする方法

高くジャンプするポイントは、最後に踏み込むつま先を内側に向けることです。そうすることで助走の勢いが前

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

バレーボールのスパイクが上手に打てないのでスパイクフォームを教えてください。

バレーボールのスパイクが上手に打てないのでスパイクフォームを教えてください。

【質問】 バレーボールのスパイクが上手に打てないのでスパイクフォームを教えてください。 練習

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

バレーボールでスパイクが上手に打てるようになるにはどうしたらいいですか?

バレーボールでスパイクが上手に打てるようになるにはどうしたらいいですか?

【質問】 バレーボールを始めて1年ですがスパイクが上手に打てるようになりません。 動画や本を

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑