*

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃

スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得点につながる華やかなプレーです。打ち方は今日だからフェイントまで様々で、アタッカーはどんなボールでも自在に打ち分けられる技術を身につけることが必要となります。

スパイクを打つことで重要なのはフォームです。一度変なクセがついてしますと、矯正が難しいので、初心者のうちから基本をしっかり身につけるように心がけましょう。

スパイク基本

1.ステップ

スパイクはきちんとした助走とステップの形があって初めて打てるものです。助走は右利きの場合は、「左・右・左」の3歩助走または5歩助走です。ジャンプしやすい歩幅はコンパクトにしましょう。最初はボールを使わずに練習してしっかりジャンプできる形を作りましょう。

 

2.腕の振り上げ

ジャンプをする時、同時に腕を振りあげます。この腕の振りの勢いを利用することで高く跳ぶことができます。ポイントは腕をしっかりしめること。一度長座の姿勢から腕を振り上げることでお尻を浮かせ、振り方を確かめてみましょう。

 

3.とらえるポイント

スパイクを打つ瞬間は、ひじをまっすく伸ばし、高い打点でボールをとらえます。そして、ボールの芯を手のひら全体で叩きつけます。強いスパイクを打つためには、手首のスナップを使い、空中で手首を返すように打つことも重要です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

バレーボールのクロス打ちが上手に出来る方法を教えてください!

バレーボールのクロス打ちが上手に出来る方法を教えてください!

【質問】 バレーボールをしているのですが、スパイクを打つとブロックされることが多いです。 ス

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑