*

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。

この時、腕が伸び切った状態で受けると、ボールの威力で腕が弾かれてしまうので、ヒジを軽く曲げ手首をしっかり安定させて、おへソにぐっと力を入れて受けようにします。

ボールを受ける位置は、頭の真上で受けるとボールの勢いに負けてしまうので、顔より前で、視線は上目遣いでボールの位置を確認しましょう。

ボールを受ける手の感覚はボールが当たった瞬間押し出すのではなく、ボールの勢いを受け止める感覚です。強いボールは、手を重ねて組むとボールの勢いが吸収できます。

ボールを受けた際には、若干腕を引いて、ボールの勢いを吸収します。そうするとボールの勢いを弱まりボールが上ににあげることができます。

対人レシーブの時にオーバーハンドレシーブの練習を必ず行いましょう。最初は頭付近に手で投げてもらい、スピードに慣れてきたら打ってもらいなが練習をします。

オーバーハンドでレシーブする場合は、しっかりと相手に返すことができればいいのですが、なかなか思ったところには返す事ができません。

まずは上に上げることを優先に考えるようにしてレシーブをすると良いと思います。

 

オーバーハンドレシーブのとり方

(1)ボールがくる前に手は、しっかり構えておきます。上目遣いでボールの落下地点を確認するようにします。
上目遣いでボールを確認
(2)ボールを受ける瞬間はお腹に力を入れます。ボールの衝撃を吸収するようにとらえることがポイントです。
serve-receive45
(3)両手で受ける時の手の形
強いボールは手を重ね合わせ組むとボールの勢いが吸収できます

上達のポイント

肩より上のボールを見極める手はばらつかないようにする
肩より上のボールを見極める
基本的に肩より上のボールはオーバーハンドで対応します。そのためにも基本となるパスの構えを常にしっかりととっておくことがとても大切です。

初めからレシーブの体制で腕を組んていると、オーバーハンドで取ろうとした時に、初動の動作が遅れてしまいます。基本の構えでは、腕は組まずにオーバーハンドでも、アンダーハンドでもどちらでも対応できるように、腕は広げて待つことが大切です。

強いボールに対しては、いきりオーバーハンドでレシーブをすると手が思うように組むことができません。手がばらつかないように組めるように練習を繰返してするようにしてください。
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか?

身長が低いのでスパイクを打つのは諦めていましたが、同じ身長が低い人がスパイクを打っているのを見てでき

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑