*

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする!

スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で

「スパイクは1本では決まらないもの」と考えて、できる限り全員でプロックフォローにいくことを心がけましょう。周りの選手がしっかりフォローしてくれるという安心感があれば、スパイカーは迷いなく打てますし、リバウンドもとりやすですね。

特に、レセプション(サーブカット)が乱れた時や、ディグ(スパイクレシーブ)からの攻撃は比較的高い二段トスの攻撃になるので、必ず全員でフォローに入りましょう。打った本人も自分でフォローする意識を持ちましょう。

ここに挙げたフォーメーションはあくまでーつの例となります。その時自分が最もフォローに行きやすい場所に入ればいいです。ただその際には、他の選手と重ならないように、スパイカーやブロック、ボールが見える位置にバランスよくポジショニングすることが重要となります。

SP=スパイカー
S=セッター
MB=ミドルブロッカー(センター)
OP=オポジット(セッター対角)
WS=ウイングスパイカー(サイドアタッカー)
L=リベロ

 

■レフト攻撃のブロックフォロー

レフト攻撃のブロックフォロー

ネット際のボールは、ミドルブロッカーがフォローに入る。ミドルブロッカーがCクイックに入った時は、セッターとミドルプロッカーの位置が入れ替わる。

オポジットは少し後ろめに位置する。オポジットがレフトから打つローテーションではウイングスパイカーが後ろに残る。

全員が前に詰めてしまって、コートの奥に跳ね返ったボールを誰もフォローできないということがないように、一人は後ろに残っておきましょう。

 

■ライト攻撃のブロックフォロー

ライト攻撃のブロックフォロー

ー番スパイカーに近いセッターがネット際のフォローに入ります。ミドルブロッカーがCクイックに入った時は、セッターとミドルプロッカーの位置が入れ替わります。

ウィングスパイカーとリベロのフォローの位置は厳密なものではないですが、他の選手と重ならないこと、一人は後ろに残っておくことを頭に入れつつ、その場に応じて臨機応変にポジショニング
しましょう。

 

■センターオープン攻撃のブロックフォロー

センターオープン攻撃のブロックフォロー

セッターはトスを上げた後、スパイカーの後ろにフォロー入ります。前衛のウイングスパイカーはネット近くにつめ、後衛のウイングスパイカーは後ろに残ります。

クイックの時は、基本的に他のスパイカーも同時に攻撃の助走に入っているのでプロックフォローに入るのは難しいですが、セッターとリベロはどんな時にもフォローに入れるので、クイックの時もフォローを心がけましょう。

 

■センターバックアタック攻撃のブロックフォロー

センターバックアタック攻撃のブロックフォロー

セッターはトスを上げた後、スパイカーの後ろにフォローに入ります。リベロかオポジットのどちらかが後ろに残っておき、ブロックが大きく跳ね返った場合のフォローに備えます。

ミドルプロッカーは、自分がクイックを打っ時以外はフォローに入りやすい。ネット際の難しいボールの処理が多いが、できるだけ低く構えてしっかり対応しましょう。

 

打った後は自分でもフォロー

スパイクを打った選手も、当然自分でフォローする意識を持たなくてはいけません。そのために、打った後もボールから目を離さないようにしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑