*

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする!

スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で

「スパイクは1本では決まらないもの」と考えて、できる限り全員でプロックフォローにいくことを心がけましょう。周りの選手がしっかりフォローしてくれるという安心感があれば、スパイカーは迷いなく打てますし、リバウンドもとりやすですね。

特に、レセプション(サーブカット)が乱れた時や、ディグ(スパイクレシーブ)からの攻撃は比較的高い二段トスの攻撃になるので、必ず全員でフォローに入りましょう。打った本人も自分でフォローする意識を持ちましょう。

ここに挙げたフォーメーションはあくまでーつの例となります。その時自分が最もフォローに行きやすい場所に入ればいいです。ただその際には、他の選手と重ならないように、スパイカーやブロック、ボールが見える位置にバランスよくポジショニングすることが重要となります。

SP=スパイカー
S=セッター
MB=ミドルブロッカー(センター)
OP=オポジット(セッター対角)
WS=ウイングスパイカー(サイドアタッカー)
L=リベロ

 

■レフト攻撃のブロックフォロー

レフト攻撃のブロックフォロー

ネット際のボールは、ミドルブロッカーがフォローに入る。ミドルブロッカーがCクイックに入った時は、セッターとミドルプロッカーの位置が入れ替わる。

オポジットは少し後ろめに位置する。オポジットがレフトから打つローテーションではウイングスパイカーが後ろに残る。

全員が前に詰めてしまって、コートの奥に跳ね返ったボールを誰もフォローできないということがないように、一人は後ろに残っておきましょう。

 

■ライト攻撃のブロックフォロー

ライト攻撃のブロックフォロー

ー番スパイカーに近いセッターがネット際のフォローに入ります。ミドルブロッカーがCクイックに入った時は、セッターとミドルプロッカーの位置が入れ替わります。

ウィングスパイカーとリベロのフォローの位置は厳密なものではないですが、他の選手と重ならないこと、一人は後ろに残っておくことを頭に入れつつ、その場に応じて臨機応変にポジショニング
しましょう。

 

■センターオープン攻撃のブロックフォロー

センターオープン攻撃のブロックフォロー

セッターはトスを上げた後、スパイカーの後ろにフォロー入ります。前衛のウイングスパイカーはネット近くにつめ、後衛のウイングスパイカーは後ろに残ります。

クイックの時は、基本的に他のスパイカーも同時に攻撃の助走に入っているのでプロックフォローに入るのは難しいですが、セッターとリベロはどんな時にもフォローに入れるので、クイックの時もフォローを心がけましょう。

 

■センターバックアタック攻撃のブロックフォロー

センターバックアタック攻撃のブロックフォロー

セッターはトスを上げた後、スパイカーの後ろにフォローに入ります。リベロかオポジットのどちらかが後ろに残っておき、ブロックが大きく跳ね返った場合のフォローに備えます。

ミドルプロッカーは、自分がクイックを打っ時以外はフォローに入りやすい。ネット際の難しいボールの処理が多いが、できるだけ低く構えてしっかり対応しましょう。

 

打った後は自分でもフォロー

スパイクを打った選手も、当然自分でフォローする意識を持たなくてはいけません。そのために、打った後もボールから目を離さないようにしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

無回転サーブの打ち方と練習方法

無回転サーブの打ち方

ボールの中心を押し出すようの打つのが無回転サーブの基本です。ボールはネットを越えてから落下の後半で複

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑