*

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

特に大型のブロッカーにコースを塞がれてしまった時や、トスがネットに近くなってしまった時に行うと効果的です。

ブロックが視野に入っていないと、ブロックアウトをとることもブロックをかわすことも困難です。まずはスパイクを打つ時にブロックをしっかり見て、視野に入れられるようにしましょう。

ブロックアウトの狙い方

ブロックアウトを狙うコースとしては、ストレートをきっちり締めてブロックをしている選手はほとんどいません。

アンテナ付近はじゃっかんブロックが開いていますので、そこを狙うように相手ブロッカーの小指や腕の外側を狙ってブロックアウトを狙うと有効的です。

逆に大型の高いブロックに関しては、力が入らない指先を狙ってスパイクを打つと効果的です。

ですが、指先を狙って打つということはじゃっかんスパイクを上に向かって打つ感じなるので、指先に当たらなかった場合はほどんどアウトになります。また審判がワンタッチを見逃す可能性がありので、あまりおすすめはできません。

ネットに近いボールを得点にする方法

次にネットに近いトスの場合ですが、この時はブロック利用してポイントができます。やり方としては、

(1)トスがネットに近いと判断したら、フェイント要領でボールを相手ブロッカーに当てて軽く押し込めます

(2)相手ブロッカーがボールを触ったことを確認したら、エンドライン側にボールを押し出します。

ブロックを付いてもらって、トスを近めに上げてもらい、相手ブロッカーにボールを当ててから、エンドライン側に押し出す練習を繰り返しやってみればできようになります。

あまり多用し過ぎると相手ブロッカーも警戒しますので、試合ではやりすぎには注意して下さい。

 

ブロックアウトの上達のコツ!

ブロックをしっかりと見よう

ブロックアウトをとるためには、当然ブロックをしっかりと見ることが大事です。そのためには、打つ時にボールを正しい位置でとらえること。

ボールを後ろでとらえると、アゴが上がってブロックも相手のコートも見えなくなります。周りの選手が「2枚」「3枚」とブロックの枚数を声をかけてあげることも助けになります。

練習法1

ブロックに向かってスパイクを打とう

ブロックが見えるようになれば、ブロックアウトは必ずできます。最初は、わざとブロックに当ててスパイクを打つ練習をします。ブロックが全く見えていないとそもそもブロックに当たりません。

何度もブロッカーを意識しながらスパイクを打つと、この辺にブロッカーの手があるな、とかわかるようになってきます。少しずつブロックが視野に入ってきたら、狙った場所に打ちブロックアウトを練習しましょう。

練習法2

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロックアウトをとるための相手ブロッカーの狙いどころは、大きく分けて2箇所です。

特に相手ブロッカーの手の力が入りにくい指先、外側の小指と薬指近くを狙ってコース外側にボールを弾きだします。

アウトボールにならないように、ブロックをよく見て打ちましょう。

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう
下記の動画で、バレーボール ブロックアウトの打ち方や上達のコツについて説明をしています。
https://www.youtube.com/watch?v=qu2QqUQjlH8

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

LINEウェブストアでスタンプの購入方法とダウンロードのやり方

LINEウェブストアから「よく使う!バレーボールスタンプ」のクリエイターズスタンプを購入する方法をご

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

滑った方向のヒジを伸ばす

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

初心者が高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

【質問】 高校からでもバレーボール部に入ろうと思っているんですが、初心者の人でもやっていけるの

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

Comment

  1. コアファイナル より:

    そーなのかー⊂( ・ω・)⊃

  2. ぱる より:

    ブロックアウトって一見難しそうだしアウトになるリスクも高いけど、決まればコート外に飛んで行くから意外と楽に点数が取れる可能性があるという神技なんだよね(^-^)

    • volleyball-school より:

      ブロックアウトは難しいですが、レシーブのいないところに飛んで行くので、できれば決定率もあがりますね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑