*

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか?

【質問】
サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか?

相手チームのクイックを打たせないことで、効率的にブロックをやりたいです。


 

【回答】

センタープレイヤーがクイックに入りにくいサーブは

(1)セッターが定位置よりかなり移動してトスを上げる場合、かなり乱れたサーブレシーブ
(2)センタープレイヤーがサーブカットをした場合
(3)レシーブが苦手な人がサーブカットをした場合

などが挙げられます。

要するに、サーブカットを乱れさせてセッターがクイックを上げにくくするか、センタープレイヤーがクイックに入りづらいようにすることがポイントになります。

サーブを狙って打つ場合のポイントは3つあります。

 

(1)サーブレシーブが苦手な人を狙う

サーブレシーブが苦手な人を見つけて、サーブを狙い打ちをします。苦手な人がサーブレシーブをすることで、セッターにしっかり返る確率が下がりますので、クイックが上げにくくあげる回数が減ります。

サーブカットが苦手な選手を見抜くは、

1.相手チームの試合を事前に見れる場合は、試合を見るときにサーブカットのした回数と、セッターにちゃんと返った回数をチェックをすることである程度確認ができます

2.サーブカットの時にリベロプレイヤーと交代する選手はサーブカットに自信がない選手が多いかと思います。

3.サーブレシーブのフォーメーションの時に、サーブレシーブを取る範囲が狭い選手は味方の選手がカバーをしているので、狙い目です。逆に取る範囲が広い選手は得意の可能性があるので、狙わないようにしましょう。

私の経験上コートの中に入っている人でサーブカットが上手な人は2人くらいで、後はあまり得意でないかそこそこできるくらいの人かと思います。なので得意な人を避けてサーブを狙うことをまずは考えましょう。

 

(2)前衛のセンタープレイヤーにサーブを狙う

前衛のセンタープレイヤーにサーブを狙う。ネット際に落とす短いサーブが効果的です。

センタープレイヤーはレシーブをしたらすぐにクイックに入らないといけないので、レシーブに完全に意識がいかず、中途半端なレシーブになりちゃんとセッターに返せない場合はあります

センタープレイヤーがサーブレシーブをすると、クイックが入りにくくなるので、かなりの確率でクイック攻撃ができなくなります。クイックにブロックをしなくて良くなるので、他のスパイカーにブロックを集中できますね。

特にライト側のネット際にサーブを狙うとセッターの背後からボールが入ってくるのでセッターは上げにくなり、クイックが合わない可能性が高くなるので、クイックが上がる確率が下がりますね。

 

(3)セッターの立場から上げにくいサーブレーブ

セッターの立場から考えますと、通常どうしてもネットに対し垂直に位置し、自チームのレフト側に向いている為、自分の背後から帰ってくるサーブレシーブ(つまり自チームのライト側の選手がレシーブしたボール)のボールはクイックがあげずらくなります。

特に自チームの前衛ライト側にサーブを落とされるとかなりセッターが嫌がりますので、そこを打てるよにチームで練習をするといいですね

上手なチームのセッターはサーブカットが乱れた時など、クイックがないなと相手が思うので、あえてボールが乱れた時にクイックを多用する場合もあります。その場合はかなり無理してクイックを上げてくるので、センタープレイヤーがクイック入りにくいので、ミスをする可能性が高いですが、一応セッターのトスの好きな上げ方も研究するといいですね。

 

相手チームのクイックが決まってくると、試合の流れも良くなりますし、相手の攻撃の幅が広がるので、ブロックが絞りにくくなります。速攻ができなくなれば、後はレフトプレイヤーやライトプレイヤーがスパイクを打つしかなくなるので、ブロックもしっかり2枚付けるようになりブロックで得点を取りやすくなるます。

チーム内でどうやって相手チームの攻撃をサーブで崩すのかを話し合っておくのもチームのとてもいい戦術になります。

相手チームを試合前に見ることができるのであれば、サーブレシーブが弱い選手や、攻撃のパターンや、スパイクがどの辺に飛んできやすいのかをメモをしておいて、守りのフォーメーションを考えておくと、試合でかなり有利になりますね。

全日本のチームはタブレットを使って相手チームのデータを見ながら試合をやっていますよね。相手のチームの研究をして試合に望んでいるチームはほとんどいませんので、有効的だと思います。

 

参考ページ
直線的でスピードが出るフローターサーブ のコツ
フローターサーブのコツと練習方法、距離の出し方をわかりやすく教えてください

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑