*

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、後方に肩を引き、重心を移動させながら身体の前で投げてるのがポイントです。

ボールを送り出す時は、ボールを送り出す時は、ボールを持っていないほうの手を胸元に引きつけ、高い打点からボールを投げましょう。

腰、肩、腕の動きを確認しながらキャッチボールを取り組むと、身体に負荷のかからない理想的なスパイクフォームか身につきます。

キャッチボールの方法

  1. ボールを持って構えます。
  2. ボールを投げる方の肩を後方に引きます。
  3. 腰を回転させるようにしてボールを前方へ。
  4. 左手を引きつけ、お腹に力を入れてボールを投げましょう。

 

ボールを持って構えます。

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

腰を回転させるようにしてボールを前方へ

左手を引きつけ、お腹に力を入れてボールを投げましょう

役立つポイント

腰を回転させて全身を使って投げる

キャッチボールはスパイクの動作そのものです。手だけでボールを投げるのではなく、腰を回転させて全身を使って高い位置からボールを投げられるように練習しましょう。身体の前方でボールを話して投げるのがコツです。

 
下記の動画で、キャッチボールでスパイクの基本フォームを身につけるについて説明をしています。
https://www.youtube.com/watch?v=Zu07vLcsX4o


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロ

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

バレーボール助走がうまくできないの、助走のやり方を教えてください

バレーボール助走がうまくできないので、助走のやり方を教えてください

【質問】 バレーボールの助走がうまくできません。 助走の勢いをうまくジャンプに繋げられず、垂

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

バレーボールスパイク手のひらの形はどしたらいいですか

バレーボールスパイク手のひらの形はどしたらいいですか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つ時の手のひらはどうしたほうがいいのでしょうか。 指を開

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑