*

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレシーブのやり方が異なります。各ポジションの選手はしっかりボールを見て行動しましょう。

【前衛の選手の役割】

前衛に守っている選手は、ブロックかフェイントなどの緩いボールに対応します。

ブロックに飛ばない選手は、レシーブに備えましょう。ブロックの構えから、すかさず脚を引いて、レシーブの構えにチェンジします。

前衛のレシーブは、主にフェイントやワンタッチボールなどの緩いボールに対応するため、両手をしっかり上げて構え、オーバーハンドなどで対応しましょう。ボールがきたら、すぐに反応できるように準備することが大切です。

スパイカーの動きをよく見て反応
アタックラインよりも前のスペースには、強いボールはめったにきません。スパイカーの動きをよくみてレシーブ出来るようにしましょう。

ネットにトスが近い場合は、フェイントの確率が高くなります。ブロックの端や、ブロックの真後ろにボールが落ちることが多いので、反応できるようにレシーブの準備をしてください。

また相手スパイカーが力強く打ったボールがブロックに当たってこぼれたボールには反応が難しいですが、しっかりとレシーブできるようにボールから目を離さないようにして、レシーブをしてください。

 

(1)ブロックを構えます

ブロックを構え

(2)ブロックに飛ばない選手は、すぐに足を引き、フェイントカバーや、ワンタッチボールなどの緩いボールに反応できるように準備をしておきましょう

ブロックを飛ばない時はすぐに足を引き、レシーブに構える

 

【後衛の選手の役割】

スパイクのような角度のある早いボールは、ボールの下に入るのが少しでも遅れると、いいレシーブはあがりません。手を組んだ後に腕を下げてしまったり、余分な動作が増えると、その分ロスが発生しレシーブができません。

ボールをとらえるタイミングが遅れると、結果的に腕を振ってしまうケースが目立つので、肘の位置を前に出して腕を組むことが大切です。初めから腕は組まずに、ボールを取るときに組めるように練習をしましょう。

腕は必ず肩より前に出す
腕を組む時は、両腕が引っ張られるようなイメージで、肩よりも前に出しましょう。

 

(1)構えた位置で軽く手を組みます。初めから手を組まないようにしてください。

構えた位置で軽く手を組んでおきましょう

(2)腕はしっかり力を入れて面を作り、そのまま腕を前に出すイメージでレシーブをしましょう。

そのまま腕を前に出すイメージでレシーブをする

構えた位置で腕を下げた状態でレシーブをしようとすると、腕を組んで動くので動作がおそくなりボールの下に入るのば遅れてします。

初めから腕を組んで待つのではなく、レシーブする瞬間に腕を組むようにしましょう。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

1 枚のブロック練習

1枚のブロック練習方法

移動してもまっすぐ跳ぶことを心がける ブロックは、正しいフォームを覚えることが先決です。まずは、ヒ

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑