*

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう

課題がわかる総合的な練習
チームや個々の選手の課題を見つけるためや、モチベーションを上げるためにも、ゲーム形式の練習は有効となります。
部員数が少なくて、6対6ができないチームでも、ゲーム形式の練習はできます。ここでは4対4の少人数でもできるゲーム形式の練習をいくつか紹介いたします。

 

4対4でできる練習

セッターが一人でもできる練習

4対4でできる練習
Aチームはオフェンス、Bチームはブロック(3人)とディグ(1人)。①の選手がチャンスボールをAチームに入れてスタートし、 Aチームはチャンスボールから攻撃します。 セッターが1人しかいなくてもチャンスボールからのコンビネーションの練習が可能です。

 

対面の選手がブロックにつく練習

対面の選手がプロックにつく練習

Bチームのサーブまたはチャンスボールからスタートします。 Bチームは1枚または2枚ブロックとディグ(スパイクレシーブ)の練習となります。
誰がスパイクを打つかはじめに決めておき、その対面にいるBチームの 選手が1枚ブロックにつき、それ以外の3人がディグ。 セッターが2人いる場合は攻守を交代する。

 

その他8人でできる練習

その他8人でできる練習

チャンスボールを入れ、①の選手がセッターにパスをする。
セッターがトスを上げ、①の選手がスパイクを打ち、Bチームは1枚または2枚ブロックとディグ(スパイクレシーブ)の練習となります。

①の選手が1人でスパイクを打ち続けることになるので、5本ずつなど本数を決めて、順番に選手を入れ替えて練習を繰り返しましょう。打つ場所も人それぞれで交代して、Bチームのレシーブはスパイカーによって位置をしっかり変えましょう。

 

12人揃わなくても 実践戦練習はできる

選手はゲーム練習をするのが楽しいものです。人数が少なくて6対6ができないからといって、ゲーム形式の練習をやらずに個別の技術練 習ばかりでは飽きてしまいます。ここで挙げた4対4など、少人数でもでき る実戦に近い練習を工夫して、取り入れましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

1人でできるバレーボールのスパイクを練習方法

1人でできるバレーボールのスパイクを練習方法

【質問】 バレーボールでスパイクが打てなくて、スパイクミスをするのでチームのみんなに迷惑をかけてし

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

バレーボールスパイク手のひらの形はどしたらいいですか

バレーボールスパイク手のひらの形はどしたらいいですか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つ時の手のひらはどうしたほうがいいのでしょうか。 指を開

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑