*

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見えますが、大切なのは下半身の動きです。ボールをとらえた時に足首、ヒザ、股関節を曲げて力をため、その力を上半身に伝えることがポイントです。

ボールの落下地点を判断したら、ボールの真下に移動。力まずに全身でボールを送り出しましょう。

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

  1. ボールをとらえるときは足首を曲げておくのが力を伝えるポイント
  2. ヒザは、足首同様、ボールをとらえる時は軽く曲げておきます。
  3. ボールを運ぶ時は、腰から上へと力が伝わるように一気に伸ばしましょう。

 

上達のコツ!

カカトがボールの下に入るイメージ。

カカトがボールの下に入るイメージ

前方へ落ちてきたボールは、手から飛びつかずに、下半身(おヘソ)から移動してボールの落下地点に移動しましょう。落ちてくるボールの下に、前足のカカトが入るような位置まで移動するのが理想です。

 

腰よりも高いボールはオーバーハンドで受けるようにしましょう!

腰よりも高めのボールは、素早く下に回りこんで、オーバーハンドパスで受けるようにしましょう。とれるボールに対してはオーバーハンドパスで返すことをおすすめしたいほどです。コントロールが一番しやすいプレーですね。

 

身につく練習法

全身を使ってボールを運ぶ

バウンドしたボールの真下に入る

1.バウンドしたボールの真下に入り、基本フォームを作ってボールをキャッチする練習です。
 

キャッチしたら一度深くしゃがむ
2.キャッチしたら一度深くしゃがみます。そのままカカトから全身を押し出すイメージでボールを送り出しをマスターします。

ボールの下に入れば必ずできる

オデコでヘディング
ボールを投げてもらい、オデコでヘディングします。しっかりボールの落下地点に入ることがポイントです。そして、下半身のバネを使って相手に返します。上級者は、ヘディングだけでパスできるようになりましょう。
 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか?

【質問】 サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか? 相手チー

続きを読む

cクイック

セッターの背後ですばやく打つCクイック

相手コートの対角線に体を向けるイメージで打つ Cクイックは、セッターの背後で打つクイック。セッ

続きを読む

レシーブは腕を振らずにひざ使えの意味

レシーブは腕を振らずにひざ使えの意味

【質問】 レシーブがあまり上手ではありません。 「手を振らずにひざを使って!」と言われます。

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑