*

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助走のコースはネットに対してまっすぐ入るよりも、斜めに入るとより勢いがつきます。

踏み込む時は、バックスイングを大きくとり、腕の振りを使って身体全体を引き上げる意識しでジャンプしましょう。

勢いのつく助走のとり方

スパイクを打つ時に最高到達点にいるのは、ほんの一瞬です。一瞬の間にすばやく強いスパイクを打つには、ロスのないヒジの引き上げとスイングを身につけることが重要です。

時間に無駄のないスイングは、両ヒジを軽く曲げた状態でバックスイングを行い、ヒジを引き上げるのがポイントです。ヒジを上げた時点でテイクバックできるため、すぐに体をひねってスイングに入ることができます。

下記の動画で、スパイクを打つ時の助走の練習方法 を説明しています。

https://www.youtube.com/watch?v=NewKz8PoMyk

 

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

バレーボールでスパイクを打つときにかぶったり、肘が下がらない方法とは

バレーボールでスパイクを打つときにかぶったり、肘が下がらない方法を教えてください

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにかぶって打っていると指摘されます。 また、腕も下

続きを読む

スパイクの素振りを速くする練習方法とは?

バレーボールでスパイクの素振りを早くするトレーニングや自宅でできる練習方法を教えて下さい!

【質問】 バレーボールのスパイクの練習を始めたのですが、スパイクを打つ時の腕の振りを遅く、強いスパ

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑