*

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助走のコースはネットに対してまっすぐ入るよりも、斜めに入るとより勢いがつきます。

踏み込む時は、バックスイングを大きくとり、腕の振りを使って身体全体を引き上げる意識しでジャンプしましょう。

勢いのつく助走のとり方

スパイクを打つ時に最高到達点にいるのは、ほんの一瞬です。一瞬の間にすばやく強いスパイクを打つには、ロスのないヒジの引き上げとスイングを身につけることが重要です。

時間に無駄のないスイングは、両ヒジを軽く曲げた状態でバックスイングを行い、ヒジを引き上げるのがポイントです。ヒジを上げた時点でテイクバックできるため、すぐに体をひねってスイングに入ることができます。

下記の動画で、スパイクを打つ時の助走の練習方法 を説明しています。

https://www.youtube.com/watch?v=NewKz8PoMyk

 

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

バレーボールの新用語

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語 国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書など

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑