*

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの遠くまで飛ばせなかったり、うまくコントロールができない!って思う事ありますよね。

特にバレーボールを始めたばかりの方でしたら、初めにオーバーハンドパスから練習をすると思うので、つまずくことも多いはずです。

ちょっと苦手だなと思う人は参考になると思います。

 

(原因1)全身のバネが使われていない

手首のスナップ、指、肘、肩、腰、膝、足首などのバネを十分使ってボールの勢いを殺し、その反動で身体全体を使ってボールを送り出していない

勢いの強いボールは、手首のスナップを使って勢いを殺さないとボールが思った方向にコントロールすることが難しくなります。

また逆にボールの勢いが弱いと、身体全身で思いっきりボールを送り出さないと、届かない可能性がありますね。

 

原因1の改善方法 指、手首、尻と腰、足首の反動を生かす

ヘディングパスの練習で ボールのひきつけとバネの使い方をマスターする。2人でパスをする時に、ボールを引き付ける練習、ボールの下に入る練習として、手でボールを受けるのではなくて、頭のヘディングでボールを受けて相手位に返す練習をします。ボールの勢いを強くして、怪我をしないようにきをつけてください。

1人で練習方法として、連続直上パスの練習で、ボールを上に上げたら、一旦両手を床に触り、すかさず構えて、ボールの引きつけて直上パスを連続して行います。ボールの引きつけと膝の使い方をマスターする練習となります。

 

(原因2)パスの際、腰が後方に引いてしまう

尻が後方に出たままパスすると、前かがみになってしますので、ボールが低く前には飛ぶが、 上方に高くゆるく返球できない

尻が引けたままでは、ボールの下にしっかり入れていないので、理想のフォームでオーバーハンドパスができませんよね。

 

原因2の改善方法 ボールの下に素早く潜り込み、 腰の入ったフォームをつくる。

全身潜り込みロングバックトス・・・ 構えている位置の前方に低く投げられたボールの下に潜り込み、 腰を入れて全体を反らし、 後方にロングパスを送ることにより、 腰の使い方(ずりあげ腰)を体得します。

しっかり腰をいれて、バックパスをすることにより、お尻が後方に出ないように気をつけることができます。

またバックパスをできるくらいであれば、ボールの落下地点にすばやく入れている証拠なので、どんな場所にもオーバーハンドパスで狙えますね。

 

(原因3)手首から肘に力が入りすぎる

手首から肘に力が入りすぎるとパスするタイミングが狂うし、 飛んできたボールの力がコントロールできない

手首に力が入っていると、全身に力入っているとおもいますので、動きも固くなっていると思います。

あまり緊張せずに、リラックスした状態で、オーバーハンドパスをやるように心がけましょう。

 

原因3の改善方法 身体と手首を柔軟に構え、バネを利用してボールをコントロールする。

強いボールに対しては手首に当たった瞬間に引くようにし、 弱いボールに対しては身体のバネを利用して勢いをつけるようにする。

正しいセット姿勢とフットワークを徹底して身につける。

3角パス・・・ 左回り、 右回りを平均的にし、 身体の方向回転をスピーディーに行いパスする相手に正対する。

対人パスで前後に揺さぶりを加える・・・ 最初は両者の距離を一定にしておいて動きだけを行い、次に距離を縮めたり、 伸ばしたりしてパスの強弱をつける。

 

まとめ

オーバーハンドパスをする時に注意することは、まずはボールの落下地点にすばやく入ることです。落下地点で構えてないとボールをしっかり手の中に入れることができずに、ボールの調整が難しくなります。

次にオーバーハンドパスをするときには手首を柔軟に構えて、強いボールに対しては勢いをなくすように手て入った瞬間引くようにし、弱いボールは身体全身を使ってヒザの力を使ってボールを押し出すように力を入れます。

ボールを遠くに飛ばすときには指に力を入れて弾くようにオーバーハンドパスをしますが、通常のパスのときには指に力を入れすぎず、ボールを送り出すようにしましょう。

関連ページ:コントロールしやすいオーダーハンドパス

よく勘違いをされるのが、音のしないオーバーハンドパスをすると上手だ!みたいな事を言う人がいると思います。

音がしないオーバーハンドパスをするには、練習をたくさんすることによって段々とコツが掴めてきて、自然とオーバーハンドパスをする時に音がしなくなると思います。

音がしない=上手 ではないと思います。

私的には、音がしないようにトスができても、思った所にトスが上がらなければ、上手とはならないと思います。

セッターで言えば、スパイカーが打ちやすいトスを上げられるトスが上手なセッターだと思います。

二段トスで、トスの音がしなくて、スパイカーが打てないトスを上げる選手よりも、トスを上げる音がしても、スパイカーが打ちやすいトスを上げられる人のほうが、上手な人だと私は思います。

なので、音がしないことを気にしすぎて、オーバーハンドパスを練習しないようにしましょう。

初めは、落下地点にすばやく入り、しっかり構えて、体全体を使ってオーバーハンドパスができるようにしましょう!

関連ページ:家でできるオーバーハンドパスの練習方法とは?

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールで打つときにミートがしっかりできなくて困っています

バレーボール ミートがうまくできず困っています。

【質問】 バレーボールで打つときにミートがしっかりできなくて困っています。 スパイクを打つと

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

バレーボールのアタックを打つ時のタイミングが合わなくて困っています!

バレーボールのアタックを打つ時のタイミングが合わなくて困っています!

【質問】 アタックを打つ時にどうやってもタイミングがあいません。 いつも打つ打点が定まらない

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑