*

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バレーボールを始めてまもない中学生を例にすると、まず腹筋、背筋が必要です。腕立て伏せ、指立て伏せなどもいいでしよう。また、コートのラインを利用した、9m、12m、18mのダッシュも有効です。そうした短距離のダッシュをこまめに行って瞬発力を身につけ、週に1回程度は長距離を走って持久力をつければ、バランスのいいトレーニングになります。

腹筋、背筋は疲れが残りにくいので、毎日行っても大丈夫です。腹筋を10回してから9mラインまでダッシュ、腕立て伏せを10回してから12mラインまでダッシュ、など組み合わせて行うのもいいでしょう。

ジャンプ力をつけたければ、壁にテープを貼って、そこをめがけてジャンプを繰り返す。目標をクリアしたら、さらに高いところにテープを貼ります。バスケットゴールなどの目標物に向けてジャンプするのもいいでしょう。すぐにはジャンプ力は伸びませんが、目標を持ってジャンプを繰り返すことは大切ですね。

ウエイトトレーニングは、ある程度骨格ができて、身長の伸びが止まったあたりで、高校くらいから始めればいいと思います。チューブやダンベルなど、負荷の軽いものから始めましょう。

トレーニングとともに重要なのがストレッチです。ストレッチは練習前後の両方行った方がいいでしょう。バレーをするには体が柔らかいに越したことはありません。柔らかい方がケガをしにくいし、股関節が柔らかければ、守備をする時に低い姿勢で構えて、いろいろなボールに対応できます。床に対する恐怖心も少なくなります。ストレッチは家でもできます。特にお風呂上がりに毎日やると効果的です。

この他、ボールに早く慣れるためには、ボールを常に触っておくのがー番いいですね。1人で、頭の上でパスを繰り返したり、壁を使ってアンダーハンドパスをする、壁打ちでスパイクの感覚をつかむなど、ちよっとした時間を見つけてボールを触ることが、上達の近道です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一 トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

バレーボール年代別ネット高さ

バレーボール 年代別のネットの高さ

ネットの高さは年代によって日本独自にルールによってバレーボールネットの高さが異なります。年代別では一

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑