*

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バレーボールを始めてまもない中学生を例にすると、まず腹筋、背筋が必要です。腕立て伏せ、指立て伏せなどもいいでしよう。また、コートのラインを利用した、9m、12m、18mのダッシュも有効です。そうした短距離のダッシュをこまめに行って瞬発力を身につけ、週に1回程度は長距離を走って持久力をつければ、バランスのいいトレーニングになります。

腹筋、背筋は疲れが残りにくいので、毎日行っても大丈夫です。腹筋を10回してから9mラインまでダッシュ、腕立て伏せを10回してから12mラインまでダッシュ、など組み合わせて行うのもいいでしょう。

ジャンプ力をつけたければ、壁にテープを貼って、そこをめがけてジャンプを繰り返す。目標をクリアしたら、さらに高いところにテープを貼ります。バスケットゴールなどの目標物に向けてジャンプするのもいいでしょう。すぐにはジャンプ力は伸びませんが、目標を持ってジャンプを繰り返すことは大切ですね。

ウエイトトレーニングは、ある程度骨格ができて、身長の伸びが止まったあたりで、高校くらいから始めればいいと思います。チューブやダンベルなど、負荷の軽いものから始めましょう。

トレーニングとともに重要なのがストレッチです。ストレッチは練習前後の両方行った方がいいでしょう。バレーをするには体が柔らかいに越したことはありません。柔らかい方がケガをしにくいし、股関節が柔らかければ、守備をする時に低い姿勢で構えて、いろいろなボールに対応できます。床に対する恐怖心も少なくなります。ストレッチは家でもできます。特にお風呂上がりに毎日やると効果的です。

この他、ボールに早く慣れるためには、ボールを常に触っておくのがー番いいですね。1人で、頭の上でパスを繰り返したり、壁を使ってアンダーハンドパスをする、壁打ちでスパイクの感覚をつかむなど、ちよっとした時間を見つけてボールを触ることが、上達の近道です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

cクイック

セッターの背後ですばやく打つCクイック

相手コートの対角線に体を向けるイメージで打つ Cクイックは、セッターの背後で打つクイック。セッ

続きを読む

チームのキャプテンとチームキャプテンとゲームキャプテンの簡単な違い

「チームのキャプテン」と「チームキャプテン」と「ゲームキャプテン」の違い

バレー部でキャプテン(チームのキャプテン)をしているんだけど、試合でチームキャプテンとゲームキャプテ

続きを読む

バレーボール コート大きさや競技場のラインについて

6人制バレーボールコートの大きさやラインについて

バレーボールの競技場は左右対称の長方形で最小7mの高さが必要 室内コートは表面が明る色であること

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

バレーボールの新用語

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語 国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書など

続きを読む

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑