*

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習

ブロックとレシーブ(ディグ)を組み合わせたディフェンスの練習も重要です。ブロックを抜けたボールをいかに拾うかがポイントとなります。

ブロックとレシーブ、またはレシーブ同士で話し合い、この位置のフェイントは誰が取るのかなどの約束事を練習で作っておくとレシーブがしやすくなります。

最終的には6人がコートに入り、チームで決めたフォーメーションがスムーズに機能するよう繰り返し練習をしましょう。

強打を拾う役割の選手は、すばやくスパイカーが見える位置に入ることを心がける。

練習の中で、一人ー人の守備範囲の広さや、得手不得手も見えてくるので、それによって、リベロの守備範囲を広げるなど、フォーメーションを調整することも必要となります。

(例)レフト攻撃に対するフォーメーション

6人がコートに入り、ディフェンスのフォーメーションをマスターする練習。

ブロックが1枚、2枚、3枚の場面をそれぞれ行う。強打とフェイントを織り交ぜるとより実践的に練習ができます。

特に2人の間のボールに対して、お見合いしないように、どちらが優先的に取りにいくのか確認しておきましょう。

【ブロックが1枚の時】

ブロックが1枚の時

【ブロックが2枚の時】

ブロックが2枚の時

【ブロックが3枚の時】

ブロックが3枚の時

 

(例)条件をつけてすばやくフォーメーションを変える練習

Aクイックからライト攻撃、Bクイックからレフト攻撃など条件をつけて連続で行います。ブロックとレシーブのすばやい移動がポイントです。

(1)Aクイックに対して2枚プロックとディグで対応。

(2)ライト攻撃に対するポジションにすばやく移動し、2枚プロックとディグで対応する。

【Aクイック→ライト攻撃の場合】

Aクイック→ライト攻撃

Aクイック→ライト攻撃

本来移動するベき場所に間に合わなかった場合も、ボールが打たれる瞬間は静止し、構えよう。

 

共通の目標数値により、集中力と一体感が増まします!

ディフェンス練習でも、具体的な目標数字を決めるといい。

例えば6対6で行う場合、相手の攻撃を、ローテーションごとに「5本中2本 阻止すればクリア」など、ノルマを設定すると、モチベーションが上がり、「6人で力を合わせて阻止しよう」という一体感も生まれやすくなります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑