*

サーブポイントの確率が高まる強いジャンプサーブ

高い打点からスパイクのような強まるサーブを打つ

強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャレンジしてみましょう。ジャンプサーブは、スパイクと同じフォームから打ち込むサーブです。高い打点から強いボールを打つことができるため、サーブポイントを奪いやすくなります。

一方で、ポイントを狙いにいくほど、フローターやジャンプフローターに比べてミスをする可能性も高くなります。

ジャンプサーブはまず、自分の打ち方やトスの高さ助走、ジャンプのタイミングを見つけ、安定したトスを上げられうようになることが先決です。

トスの上げ方にもいろいろな形があり、高いトスを上げるか、低いトスを上げるかの2パターンと、助走をする前にトスを上げるか、助走しながらトスを上げるか2パターンがあります。

最初は、低いトスが安定してトスを上げることができるので、低いトスを上げ、トスを上げてから助走に入り打つパターンのやりかたの方がジャンプサーブが打ちやすいと思います。

ジャンプサーブの持ち味は、スピードとパワーにあります、相手に反応の余裕を与えず、一瞬のうちにコートにボールが突き刺さる事が理想です。そのためには高い打点から、ネットすれすれに全力で打ち込むことが大切です。

ボール自体にあまり変化がおきないので、中途半端な打ち方で緩く弱いジャンプサーブになると簡単にレシーブされる確率が高くなります。

失敗を恐れずに、フルパワーで腕を振り抜けるように、繰り返しジャンプサーブを練習しましょう。

準備のポイント

自分がエンドラインからどのくらい離れた位置で助走をスタートすればいいかを、自分の歩幅で測って把握しておきましょう。サーブを打つ時に毎回その歩数を測って構えれば、いつも同じ位置からスタートでき、安定したサーブにつながります。

(1)右手にボールを乗せ、トスの高さを確認しながらスタート。
(2)トスを投げ上げると同時に左足を、大きく一歩踏み出す。
(3)2歩目を大きく踏み込み、ジャンプの体勢に入る。
(4)エンドラインの手前でストップをかけ、重心を沈める。
(5)両手を振り上げながら両足で踏み切って前方へ高くジャンプ。
(6)空中で全身を反らし、大きくバックスイングする。
(7)オープンスパイクと同じ要領で、ネットすれすれにボールを打ち込む。
(8)手のひらを外に向けながら、腕を思い切り振りぬく。
右手にボールを乗せ、トスの高さを確認しながらスタート

トスを投げ上げると同時に左足を、大きく一歩踏み出す

空中で全身を反らし、大きくバックスイングする

オープンスパイクと同じ要領で、ネットスレスレにボールを打ち込む

上達のコツ!

トスの練習を繰り返し、安定させよう

ジャンプサーブは、トスが重要です。常に一定のトスを上げられなければ、安定したサーブを打つことができません。まずはトスと助走だけ練習を繰り返し、自分の打ちやすいトスの高さをみつけ、常に同じトスを上げられるようになりましょう。

トスを上げてからスイングするまで、ボールから目を離さないことが大切です。ボールをしっかり見ることがジャンプサーブを安定させる基本。

どんな高いトスを上げてもボールから一瞬たりとも目を離さないように打ちましょう。

トスを上げる時は、手首を使ってボールに前方向の回転をかけて上げよう。

前に飛びながらボールに強い回転をかける

ジャンプサープではエンドライン手前で踏み切り、前へ流れるように跳ぶことが大切です。これでボールを打つ力が強くなりますが、力まかせに打つとボールが飛びすぎてアウトになってしまうので、ボールにしっかりドライブ回転をかける必要があります。

強いドライブ回転がかかったボールはネットを越えてから早く落下し、コート内へコントロールできます。ドライブ回転をつけるコツは、手首から上を巻きつけるように使ってボールの上半分を打つことです。

安定したドライブ回転ができるようになったらボールを打ち位置を左右にズラして、ボールを曲げるサーブにも挑戦してください。

空中動作の安定がカギです

ジャップサーブのスイングは、オープンスパイクと同じだと考えていいです。ただ自分で上げたトスを追いかけるように打つため、空中でのバランス維持はスパイクより難しいです。体幹を強化し、全力を出しても体の軸がブレないよう安定したフォームを身につけましょう。

レベルアップのポイント

(1)体の軸を意識しながら、大きくバックスイングする。
(2)体のひねりを十分に使ってスイングする。ここで軸がブレるとバランスが崩れます。
(3)軸が安定していれば、空中でも腕をしっかり振り抜けます。

トスにも前回転をかける

ボールに強い回転をつけるためには、トスにも工夫する必要がある。ただ、前上方へ投げるのでなく、手首を使ってボールに前回転をつけることです。トスのボールに前回転がついていれば、ジャンプサーブはいっそうパワーアップされる。

手のひらにボールを乗せ、ボールを下から上へこすり上げるように手首を使い前回転をつける。回転をかけないと、ボールがブレて打ちにくくなるので、回転をかけたトスのほうが安定します。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

ジャンプフローターサーブの打ち方のコツを教えてください

安定したジャンプフローターサーブの打ち方のコツや練習方法を教えてください。

【質問】 ジャンプフローターサーブの打ち方のコツを教えてください。 ジャンピングフローターは

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑