*

サーブポイントの確率が高まる強いジャンプサーブ

高い打点からスパイクのような強まるサーブを打つ

強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャレンジしてみましょう。ジャンプサーブは、スパイクと同じフォームから打ち込むサーブです。高い打点から強いボールを打つことができるため、サーブポイントを奪いやすくなります。

一方で、ポイントを狙いにいくほど、フローターやジャンプフローターに比べてミスをする可能性も高くなります。

ジャンプサーブはまず、自分の打ち方やトスの高さ助走、ジャンプのタイミングを見つけ、安定したトスを上げられうようになることが先決です。

トスの上げ方にもいろいろな形があり、高いトスを上げるか、低いトスを上げるかの2パターンと、助走をする前にトスを上げるか、助走しながらトスを上げるか2パターンがあります。

最初は、低いトスが安定してトスを上げることができるので、低いトスを上げ、トスを上げてから助走に入り打つパターンのやりかたの方がジャンプサーブが打ちやすいと思います。

ジャンプサーブの持ち味は、スピードとパワーにあります、相手に反応の余裕を与えず、一瞬のうちにコートにボールが突き刺さる事が理想です。そのためには高い打点から、ネットすれすれに全力で打ち込むことが大切です。

ボール自体にあまり変化がおきないので、中途半端な打ち方で緩く弱いジャンプサーブになると簡単にレシーブされる確率が高くなります。

失敗を恐れずに、フルパワーで腕を振り抜けるように、繰り返しジャンプサーブを練習しましょう。

準備のポイント

自分がエンドラインからどのくらい離れた位置で助走をスタートすればいいかを、自分の歩幅で測って把握しておきましょう。サーブを打つ時に毎回その歩数を測って構えれば、いつも同じ位置からスタートでき、安定したサーブにつながります。

(1)右手にボールを乗せ、トスの高さを確認しながらスタート。
(2)トスを投げ上げると同時に左足を、大きく一歩踏み出す。
(3)2歩目を大きく踏み込み、ジャンプの体勢に入る。
(4)エンドラインの手前でストップをかけ、重心を沈める。
(5)両手を振り上げながら両足で踏み切って前方へ高くジャンプ。
(6)空中で全身を反らし、大きくバックスイングする。
(7)オープンスパイクと同じ要領で、ネットすれすれにボールを打ち込む。
(8)手のひらを外に向けながら、腕を思い切り振りぬく。
右手にボールを乗せ、トスの高さを確認しながらスタート

トスを投げ上げると同時に左足を、大きく一歩踏み出す

空中で全身を反らし、大きくバックスイングする

オープンスパイクと同じ要領で、ネットスレスレにボールを打ち込む

上達のコツ!

トスの練習を繰り返し、安定させよう

ジャンプサーブは、トスが重要です。常に一定のトスを上げられなければ、安定したサーブを打つことができません。まずはトスと助走だけ練習を繰り返し、自分の打ちやすいトスの高さをみつけ、常に同じトスを上げられるようになりましょう。

トスを上げてからスイングするまで、ボールから目を離さないことが大切です。ボールをしっかり見ることがジャンプサーブを安定させる基本。

どんな高いトスを上げてもボールから一瞬たりとも目を離さないように打ちましょう。

トスを上げる時は、手首を使ってボールに前方向の回転をかけて上げよう。

前に飛びながらボールに強い回転をかける

ジャンプサープではエンドライン手前で踏み切り、前へ流れるように跳ぶことが大切です。これでボールを打つ力が強くなりますが、力まかせに打つとボールが飛びすぎてアウトになってしまうので、ボールにしっかりドライブ回転をかける必要があります。

強いドライブ回転がかかったボールはネットを越えてから早く落下し、コート内へコントロールできます。ドライブ回転をつけるコツは、手首から上を巻きつけるように使ってボールの上半分を打つことです。

安定したドライブ回転ができるようになったらボールを打ち位置を左右にズラして、ボールを曲げるサーブにも挑戦してください。

空中動作の安定がカギです

ジャップサーブのスイングは、オープンスパイクと同じだと考えていいです。ただ自分で上げたトスを追いかけるように打つため、空中でのバランス維持はスパイクより難しいです。体幹を強化し、全力を出しても体の軸がブレないよう安定したフォームを身につけましょう。

レベルアップのポイント

(1)体の軸を意識しながら、大きくバックスイングする。
(2)体のひねりを十分に使ってスイングする。ここで軸がブレるとバランスが崩れます。
(3)軸が安定していれば、空中でも腕をしっかり振り抜けます。

トスにも前回転をかける

ボールに強い回転をつけるためには、トスにも工夫する必要がある。ただ、前上方へ投げるのでなく、手首を使ってボールに前回転をつけることです。トスのボールに前回転がついていれば、ジャンプサーブはいっそうパワーアップされる。

手のひらにボールを乗せ、ボールを下から上へこすり上げるように手首を使い前回転をつける。回転をかけないと、ボールがブレて打ちにくくなるので、回転をかけたトスのほうが安定します。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑