*

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。

レシーブが上がらないと思っているチームは、レシーブポジションがブロッカーの後ろにポジションをとっており、ボールがきにくい位置に待っていることが多いです。

スパイクレシーブはブロックの陰に隠れないようにして、相手スパイカーやボールが見える位置に必ず入るようにしましょう。

基本はストレート側に打たれないように、しっかりストレート側を締めるようにしましょう。

次にブロッカーとレシーバーで、相手のチームのスパイカーのよく打つであろうコースを読み、レシーバーはブロックカーがストレート側を締める場合はクロス方向を中心に、クロス側を閉める場合は、必ずストレートの位置に入るポジションをとるように連携をとりましょう。

 

2枚ブロック時のフォーメーション

【ストレートを締めるフォーメーションの例】

2枚ブロック時のフォーメーション
ブロックに跳ばない前衛の選手は、下がってクロスのレシーブに入ります。後衛は、ブロックに影にならないよう、スパイカーが見える位置のクロス方向のスパイク、コート後方のワンタッチボールに反応できるようにしましよう。ライト後衛に選手はフェイントカバーに入ります。

ストレートを締めているのに、ストレートコースを抜かれてしまうと決められてしまいますので、ライトブロックの選手はしっかりストレートコースを抜かれないようにブロックを意識しましょう。

【クロスを締めるフォーメーション例】

2枚ブロック時のフォーメーション
クロス側にブロックを寄せることによって、クロスに打つ時にブロックをしやすくなるのと、ストレートを守る選手がレシーブが得意な場合は、レシーブがまっすぐに飛んでくるので、レシーブでボールを上げる確率があがります。

後衛の選手はブロックの間が空いていないかを確認してから守備位置に入りましよう。ブロックの間を抜かれてしまうと、レシーバーがいませんので、ブロッカーの間が空かないように気をつけてブロックを飛ぶようにしてください。

 

コート中央のボールへの対応

コート中央へのボールの対応方法
コート中央に落とされるボールに対しては、基本的にはリベロが対応します。リベロは守備専門ですから、守備範囲は当然広くなります。誰が取るかをしっかり事前に決めておくことが大切です。

コート後方を狙ったタッチ攻撃などには、対角にいる後衛のレシーバーが対応しましよう。

 

ブロック枚数の使い分け

【1枚ブロックのフォーメーション】

1枚ブロックのフォーメーション

3枚ブロックのフォーメーション

3枚ブロックのフォーメーション
チームの特色によりブロックを1枚にせざるをえない場合は、フェイント対応を1人置き、4人がレシーブに入ります。身長が大きい選手がいるチームや相手チームに強力なエースがいる場合は、3枚ブロックで前を固めます。後衛はタッチやフェイントを想定しながら守りましよう。

 

ブロッカーの状況を確認しよう

相手のトスやスパイカーの状況に応じて、ブロックの位置がその都度変わるので、レシーバーは構えている段階でブロッカーの状況を確認しながらレシーブ位置をしっかり把握しておきましょう。

相手スパイカーの助走の入り方やよく打つコースなどを頭に入れておくと、ボールをある程度予想ができるので、レシーブが上がる確率があがります!

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

白帯の上からボールを相手のコート側に落とす練習

ブロックの手の出し方の練習

手の出し方は、両腕を上げて腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをし、腕を白帯の向こう側にしっかりと

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑