*

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語

国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書などでは、海外(特に英語圏)で使われているバレーボール用語がそのまま使われていることがよくあります。慣れない用語にとまどうことがないよう、登場頻度の高い言葉の意味を確認しておきましょう。

オポジット

いわゆる「セッター対角」。セッターが前衛右のときに後衛左といったように、ローテーションでセッターの対角に入る選手をいう。チームによって攻撃専門の選手(スーパー工ース)が入る場合と、守備のうまい選手が入る場合がある。

キルブロック

ネット越しに両手を突き出し、相手コート上でスパイクを止めるブロック。コミットブロックで使う。ネットから手を突き出して確実にスパイクを落とす。

セット

トスのこと。バックトスを「バックセット」、2段トスを「ハイセット」などという。

ソフトブロック

両手を真っすぐに上げてスパイクの勢いを和らげることを主目的としたプロック。リードブロックでよく使う。

ディグ

スパイクレシープなど、サーブレシープ以外のレシープのこと。スパイクレシープから行う攻撃を「ディグアタック」ともいう。

デディケート

たとえばセッターの基本位置から左側だけというように、守備範囲を絞って構えるブロックのフォーメーション。

トランシジョン

スパイクレシーブからアタックにつなげていこと。「切り返し」という意味がある。

ネットディフェンス

相手の攻撃に対するブロック守備のこと。

パイプ攻撃

前衛のフェイクの動きで相手プロッカーの間隔を広げ、その間を抜くようにバックアタックを打つ攻撃。バックセンターが行う場合が多い。
前衛が作った相手プロックのすき間を後ろからねらうのがパイプ攻撃だ。

フロアディフェンス

相手の攻撃に対するブロック以外の守備陣形。

ベネトレーション

ローテーションで後衛に位置しているセッターがネットへ出て行くこと。

レセプション

サーブレシープ。サーブレシープからの攻撃を「レセプションアタック」ともいう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑