*

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語

国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書などでは、海外(特に英語圏)で使われているバレーボール用語がそのまま使われていることがよくあります。慣れない用語にとまどうことがないよう、登場頻度の高い言葉の意味を確認しておきましょう。

オポジット

いわゆる「セッター対角」。セッターが前衛右のときに後衛左といったように、ローテーションでセッターの対角に入る選手をいう。チームによって攻撃専門の選手(スーパー工ース)が入る場合と、守備のうまい選手が入る場合がある。

キルブロック

ネット越しに両手を突き出し、相手コート上でスパイクを止めるブロック。コミットブロックで使う。ネットから手を突き出して確実にスパイクを落とす。

セット

トスのこと。バックトスを「バックセット」、2段トスを「ハイセット」などという。

ソフトブロック

両手を真っすぐに上げてスパイクの勢いを和らげることを主目的としたプロック。リードブロックでよく使う。

ディグ

スパイクレシープなど、サーブレシープ以外のレシープのこと。スパイクレシープから行う攻撃を「ディグアタック」ともいう。

デディケート

たとえばセッターの基本位置から左側だけというように、守備範囲を絞って構えるブロックのフォーメーション。

トランシジョン

スパイクレシーブからアタックにつなげていこと。「切り返し」という意味がある。

ネットディフェンス

相手の攻撃に対するブロック守備のこと。

パイプ攻撃

前衛のフェイクの動きで相手プロッカーの間隔を広げ、その間を抜くようにバックアタックを打つ攻撃。バックセンターが行う場合が多い。
前衛が作った相手プロックのすき間を後ろからねらうのがパイプ攻撃だ。

フロアディフェンス

相手の攻撃に対するブロック以外の守備陣形。

ベネトレーション

ローテーションで後衛に位置しているセッターがネットへ出て行くこと。

レセプション

サーブレシープ。サーブレシープからの攻撃を「レセプションアタック」ともいう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

白帯の上からボールを相手のコート側に落とす練習

ブロックの手の出し方の練習

手の出し方は、両腕を上げて腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをし、腕を白帯の向こう側にしっかりと

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一 トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

バレーボールでジャンプ力を上げる方法と鍛え方とは

バレーボールでジャンプ力を上げる方法

【質問】 バレーボールをしているのでが、ジャンプ力があまりありません。身長が低いのでどうしてもジャ

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑