*

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オープンスパイクの基本です。トスが上がってから助走を開始し、ボールの落下地点に合わせて踏み込み、真上にジャンプしましょう。

最後の1歩をカカトから大きく踏み込むことで、助走の勢いをジャンプに変えて高く跳ぶことができます。助走、ジャンプ、スイング、フォロースルー、着地までの一連の動きをしっかり身につけましょう。

オープンスパイクの基本動作

  1. トスの軌道を見ながら助走の1歩目をスタートします。
  2. 最後の踏み込みはカカトから大きく踏み込み、重心を下げます。
  3. 両腕を前方に振り上げ床を強く蹴って真上にジャンプします。
  4. 左手をボールにかざすような意識で伸ばし、ボールをとらえる準備をします。
  5. 左手を引き下ろす反動を使って体を左へ反転させ、右腕を振り出す。
  6. 体の前方でボールをとらえて体幹でバランスを保ち、ボールに全体重を乗せて打ちます。
  7. 右腕を大きく、しっかりと振り抜きます。

 

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

上体を右にひねりながら右腕を引く

右腕を大きくしっかりと振りぬく

スイングの基本 体の動きが腕の振りをリードする

サイドから全力で打つ最も得点力の高いスパイクがオープンスパイクです。スパイクを打つことに大切なのは、体幹(体の軸)の動き。体幹の動きをフルに使えば十分に体重の乗った強いスイングになります。

また、軸をブラさずにベストの打点でボールをとらえるためには、安定した助走からのジャンプが土台になることも忘れてはいけません。

助走は回り込む

ボールと相手ブロッカーを視野に入れるために、助走はやや外から回り込むようなコースをとります。ネットに直進しないように気をつけましょう。

助走は回り込んで打つ

上達のコツ!

トスの下に正しいフォームで入る練習をしましょう

スパイクはフォームの安定が何より大切です。最初は、とにかく正しいフォームでトスの下にしっかり入り込む練習をすることが上達への近道です。

役立つアドバイス

状況に応じて助走の歩数を変える

スパイクの助走は、3歩以上が基本です。ラリー中など十分に助走の距離がとれなかった場合は状況に応じて、2歩でトスに合わせていきましょう。

2歩助走と3歩助走

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか?

身長が低いのでスパイクを打つのは諦めていましたが、同じ身長が低い人がスパイクを打っているのを見てでき

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑