*

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オープンスパイクの基本です。トスが上がってから助走を開始し、ボールの落下地点に合わせて踏み込み、真上にジャンプしましょう。

最後の1歩をカカトから大きく踏み込むことで、助走の勢いをジャンプに変えて高く跳ぶことができます。助走、ジャンプ、スイング、フォロースルー、着地までの一連の動きをしっかり身につけましょう。

オープンスパイクの基本動作

  1. トスの軌道を見ながら助走の1歩目をスタートします。
  2. 最後の踏み込みはカカトから大きく踏み込み、重心を下げます。
  3. 両腕を前方に振り上げ床を強く蹴って真上にジャンプします。
  4. 左手をボールにかざすような意識で伸ばし、ボールをとらえる準備をします。
  5. 左手を引き下ろす反動を使って体を左へ反転させ、右腕を振り出す。
  6. 体の前方でボールをとらえて体幹でバランスを保ち、ボールに全体重を乗せて打ちます。
  7. 右腕を大きく、しっかりと振り抜きます。

 

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

上体を右にひねりながら右腕を引く

右腕を大きくしっかりと振りぬく

スイングの基本 体の動きが腕の振りをリードする

サイドから全力で打つ最も得点力の高いスパイクがオープンスパイクです。スパイクを打つことに大切なのは、体幹(体の軸)の動き。体幹の動きをフルに使えば十分に体重の乗った強いスイングになります。

また、軸をブラさずにベストの打点でボールをとらえるためには、安定した助走からのジャンプが土台になることも忘れてはいけません。

助走は回り込む

ボールと相手ブロッカーを視野に入れるために、助走はやや外から回り込むようなコースをとります。ネットに直進しないように気をつけましょう。

助走は回り込んで打つ

上達のコツ!

トスの下に正しいフォームで入る練習をしましょう

スパイクはフォームの安定が何より大切です。最初は、とにかく正しいフォームでトスの下にしっかり入り込む練習をすることが上達への近道です。

役立つアドバイス

状況に応じて助走の歩数を変える

スパイクの助走は、3歩以上が基本です。ラリー中など十分に助走の距離がとれなかった場合は状況に応じて、2歩でトスに合わせていきましょう。

2歩助走と3歩助走

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

バレーボールシューズでジャンプ力は上がったりするのでしょうか?

【質問】 バレーボールをしているのでが、バレーボールシューズでジャンプ力は上がったりするのでしょう

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

バレーボールで打つときにミートがしっかりできなくて困っています

バレーボール ミートがうまくできず困っています。

【質問】 バレーボールで打つときにミートがしっかりできなくて困っています。 スパイクを打つと

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

アンダーハンドパスの強弱のコントロールがつかない

アンダーハンドパスの強弱のコントロールがつかない

アンダーハンドパスで、思ったところまでボールが届かなかったり、逆に強くボールが飛びすぎて上手くコント

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑