*

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる

ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが多いが、腕から上に来た正面のボールをとっさに上げる場合は、オーバーハンドを使うことがあります。

オーバーハンドパスのように指で取ろうとすると、指に力が入らずボールを後ろにやったり、突き指などのケガをするあそれがあるので、手のひらをつかおう。

強いスパイクに対しては、ボールを手に当てるだけ。当たる瞬間に手を前に出すとボールが飛びすぎてしまったり、手を後ろに引くと上がらないので注意しましょう。

ポイントは、アンダーハンドレシーブと同じように、「自分の頭の上に上げる」意識で取り組むこと。自チームのコートの中にボールが上がるような「手の角度を」を、身につけよう。

胸より上にボールがくると判断したら、すばやく手の形つくる
1.胸より上にボールが来ると判断したら、すばやく手の形を作る

2.上目遣いでボールの落下地点を確認

ボールが当たる瞬間は手を振らない
3.ボールの衝撃を吸収するようにとらえるのがポイント

4.ボールを受ける瞬間はお腹に力を入れます

手のカタチ

手の形はいろいろパターンがありますが、おすすめはこの形です。オーバーハンドパスのように指で取ろうとするのではなく、手のひらを使おう。

オーバーハンドパスの手の形

準備のポイント

ボールを待つ時の構えはアンダーハンドと同じ。胸から上にきたボールはオーバーハンドで取る。

胸より上のボールはオーバーハンドパスで取る

役立つアドバイス!

肩より上のボールを見極める手はばらつかないように

基本的に肩より上のボールはオーバーハンドパスで対応します。そのためにも基本となるパスの構えを常にしっかりととっておくことが大切です。強いボールに対しては、手がばらつかないように組んで受ければ安定します。

上達のコツ!

オーバーハンドレシーブの練習法

チームメイトとペアになって、オーバーハンドレシーブを受けるちょうどいい手の角度を習得しよう。

2m程度の近い距離から、パートナーに自分の胸より上にくるボールを強めに投げてもらい、オーバーハンドでレシーブをする。いろいろな手の角度を試し、ボールがきれいに上がる角度を身につけよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか?

身長が低いのでスパイクを打つのは諦めていましたが、同じ身長が低い人がスパイクを打っているのを見てでき

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑