*

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで

パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも重要なプレーです。
オーバーハンドパスは、トスのベースとなるプレーであり、試合中では、チャンスボールをセッターに返す場面などでも使われます。

アンダーハンドよりボールをコントロールしやすく、パスを受ける相手もボールの来る位置を予測しやすい。何より大切なのは、パスをする相手に「ボールを丁寧に運んであげる」という意識でパスをしましょう。

当たり前のことですが、慣れてくると手だけでボールを扱ったり、いい加減になりがちです。パスする相手に体を向け、しっかりヒザを使う基本の動きをおろそかにせず丁寧にボールを扱うことを心がけましょう。

ヒザをしっかり曲げてボールをしっかり見る
(1)ヒザは軽く曲げてき、両手の間からしっかりとボールを見るようにする。

指全体でボールを使う
(2)ボールに触れる時は、指先だけなく指全体を使う。指全体を使うと、ボールをコントロールしやすいです。

準備のポイント

オーバーハンドパスの足は肩幅程度に開き、どちらかの足を前に出す
足は肩幅程度に開き、どちらかの足を前に出す。おでこの前の少し離れたところで構え、親指がまゆげの少し上にくるように気をつけます。

オーバーハンドパス両手で三角形を横に広げたような形を作る
両手で三角形を横に広げたような形を作ります。親指から薬指4本でボールを包み、小指は添えるだけで力を入れない。

NGポイント

手が上を向きすぎると正確なパスが上げられない
手が上を向きすぎてしまったり、下に向いてしますと、ふわっとした軌道の正確なパスが上げられません。手首の角度を変えずに、ヒジとヒザを使ってボールを上げましょう。

手で三角形を作る気持ちで

指の力を抜き、顔の20cmくらい前で三角形を作り、親指・人さし指・中指を中心に包み込むようにしてボールの勢いを殺します。脇を閉めると、強い球にも対応できます。良いパスは回転しないで飛んでいきます。回転を止めるように、一度持つような感覚でやるといいです。

上達のコツ!

練習は「つかんで、投げる」練習から始めましょう!

つかんで、投げる 練習から始めよう
試合中にボールをつかんでしまうとホールディングの反則をとられてしまいますが、練習では、最初はおでこの前でボールをいったんキャッチしてOKです。

「つかんで投げる」という練習を繰り返しながら、次第につかむ時間を短くし、クッションのように、ボールが入った弾く感覚をつかんでください!
 
下記の動画で、バレーボール オーバーハンドパス練習方法について説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=D-y6eh1daZA

 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑