*

6人制バレーボールのポジションと役割 ローテーション

バレーボールを始める時に、一番初めに決め、しかもその後に大きく影響を与えるのがポジションです。役割や必要な資質をしっかりと把握しておきましょう。

 

ローテーションについて

バレーボールには、「役割」のポジション以外にも「配置」のポジションがあります。6人の配置は試合前に登録して、サービスが打たれるまでは前後左右の位置が変わってはいけません。なお、サーブを打つプレーヤーがかわるごとに、ひとつずつ時計回りに移動します。

ローテーションのやり方がわからない方や、サーブ権を持っている時にポジションを変更するやり方がわからない方、サーブとの反則なる足の位置、反則にならない足の位置をわかりやすく説明しています。

下記のリンク先のページをみてもらうととてもわかりやすくなっています!
ローテーションとポジションの位置や動き方をわかりやすく説明しています

 

自分がいちばんやりたいポジションをやろう

バレーボールを初めてプレーしようというみなさんがまずに最初に出会う一番大きな選択肢は、自分がどのポジションになるかというものでしょう。アタッカーになるのか、セッターになるのか、リベロになるのか。

基本的なパスなどが全員できなければなりませんが、試合での役割は全く違いますから、どのポジションになるのかは、大きな問題です。

チーム内でのバランスや適性も大切ですが、一番のポイントは「自分がどこをやりたいのか」です。なぜなら、どんなスポーツもそうですが、バレーの初めの頃は初心者としてとっても退屈で大変なものです。

自分が「やりたい」と志願したポジションであれば、そんな厳しい練習でも、自分で納得して取り組む事ができるはずでしょう。人から言われていやいやなったポジションでは、なかなかそんな気持ちになれないものです。

身長やチーム内のバランスもあるので、必ずしも自分が望むポジションになれるわけではありません。しかし、監督やコーチにアピールしてみるとは、決して悪いことではありません。

アピールしていくうちに、自分がなぜそのポジションがやりたいのかますます明確になってくるでしょうし、たとえ違うポジションになるとしても、しっかり監督やコーチと話し合うことは無駄にはならないですね。

 

主なポジション

バレーボールのポジションは細かく分けるといくるもありますが、主なポジションは4つ。トスを上げるセッターと、中央に位置する攻守の要センター、サイドから攻撃するアタッカー、そしてレシーブの専門職人リベロです。それぞれの役割、資質を簡単に説明します。

セッター

トスを上げて試合をコントロールします。チームメイトの調子の良し悪しを常にチェックし、相手コートの動きも見ながら、ゲーム全体を組み立てる頭の良さが必要になります。身長が低い選手を生かせるポジションです。

セッターの役割 チームを支える司令塔

 

センター

ブロックの中心となるので背の高さや腕の長さが必要になります。リベロをセンターと交代せるチームの場合は、背が高いけれどもレシーブ力があまりない選手がなることが多いです。どちらかと言うとパワーよりもスピードが大切です。

センタープレーヤー(ミドルブロッカー)速攻とブロックの中心

 

アタッカー

攻撃の中心となるポジションなので、身長とジャンプ力、肩の強さが適性の目安です。また、性格的なものとして、物怖じすることなく、どんどん攻めていける気の強さは絶対必要になります。

バレーボールの華 アタッカー(レフト・ライトプレーヤー)

リベロ

リベロ制の導入によって、身長が高くない選手でも活躍の場が広がりました。背は低いけど、拾うことは誰にも負けない。という気概がある選手にぜひ担当して欲しいポジションです。

レシーブの専門職人(リベロ)

将来を考えて

チーム内の身長などからポジションを決めるのが基本ですが、時には将来のことを考えることも必要です。

今のチームの中では背が低いけれども、レシーブもこなるアタッカーになりたいとか、リベロは控えがないので、ピンチサーバーとしてサーブの技術もうりにできるようにするといった選択もあります。

世界のトップレベルでは、セッターにも身長で2メートルクラスもいるくらいです。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

6人制バレーボールのルール (サーブ・リベロ・スパイク・ブロック)

6人制バレーボールのルール (サーブ・リベロ・スパイク・ブロック)

サーブのルール サーブの順番 第1セットの最初のサービスは、トスの結果サービス権を得たチームが行

続きを読む

プレッシャーに弱い人が克服する方法

プレッシャーに弱い人が克服する方法

強くなるためには、からだだけでなく、精神力も大切になってきます。これは、バレーを始めたばかりの皆さん

続きを読む

セッターの役割 チームを支える司令塔

セッターの役割 チームを支える司令塔

ゲームの支配者(セッター) セッターとは、味方アタッカーがスパイクを打つためのボールをあげ

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

バレーボール年代別ネット高さ

バレーボール 年代別のネットの高さ

ネットの高さは年代によって日本独自にルールによってバレーボールネットの高さが異なります。年代別では一

続きを読む

レシーブの専門職人(リベロ)

レシーブの専門職人(リベロ)

守備に卓越したプレイヤー(リベロ) リベロとは、守備の専門のポジション。1996年ワールド・グラン

続きを読む

バレーボール コート大きさや競技場のラインについて

6人制バレーボールコートの大きさやラインについて

バレーボールの競技場は左右対称の長方形で最小7mの高さが必要 室内コートは表面が明る色であること

続きを読む

試合前・当日にすること

試合前・当日にすること

試合が近づけば、胸が高鳴りわくわくすると同時に、不安になったりもします。強い選手・チームの試合前日・

続きを読む

バレーボールでジャンプ力を上げる方法と鍛え方とは

バレーボールでジャンプ力を上げる方法

【質問】 バレーボールをしているのでが、ジャンプ力があまりありません。身長が低いのでどうしてもジャ

続きを読む

バレーボールの基本的なルール

バレーボールの基本的なルール

プレー上のルール チームの打数 自チームのコート内にあるボールには、3回まで触れてよい。ブロック

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑