*

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとても大切になります。

実際のローテーションなどを想定しながら、全てのポジションで全員がサーブカットをしっかり連携してできるようになるまで繰り返し練習をしましょう。

 

前後の連携を確認する練習(10本1セット×前・後)

前後の連携を確認

コートの左側と右側を使用し、前後に2人ずつ入りサーブカットの練習をします。

声をかけあいながらボールはどちらが受けるのかを確認します。サーブカットをしない選手は、サーブカットをする人のフォローに入るか、ミスした場合に備えて次のボールに対応できるよう身体をサーブカットをする人に向けましょう。

 

前後左右の連携を練習(10本1セット×3ヶ所)

前後左右の連携

コート中央に3人が入り、前後左右の連携を確認しながらサーブカットします。

セッターが動かずにトスできる位置にサーブカットが入れば成功とカウント、次の待っている人と交代します。

全員がすべてのポジションで正確なサーブカットを上げられるように練習を繰り返しましょう。

 

ローテーションを行い実戦を想定(1ローテーション1セット)

「W型」のフォーメーション

実際のサーブカットを想定した5人のサーブカット練習です。

5本成功させたら次のローテーションに移動し全員がすべてのポジションで練習します。前後左右しっかりと声をかけながら、誰がとるのかをしっかりと確認しながら練習をします。サーブカットをしない選手は、サーブカットをする選手にしっかり身体を向けて、次の準備をとりましょう。

サーブカットに参加していない選手がサーブを打てば、サーブの練習にもなります。

 

得意な選手がとるフォーメーション

【3人型のサーブカット】

3人型サーブカット

 

【4人型のサーブカット】

4人型サーブカット

サーブカットはできるだけ得意な選手がとると決めておくと、とらない選手は攻撃に専念できます。

主なフォーメーションとしてサーブカット前衛レフト、後衛レフト、リベロ-の3人型(上図)と、ライトを加えた4人型(下図)があります。

アウトオブポジション(サーブを打つ前に移動してしまう反則。ポジションの移動はサーブが打たれてから行う)にならないように注意して練習しましよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

cクイック

セッターの背後ですばやく打つCクイック

相手コートの対角線に体を向けるイメージで打つ Cクイックは、セッターの背後で打つクイック。セッ

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑