*

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとても大切になります。

実際のローテーションなどを想定しながら、全てのポジションで全員がサーブカットをしっかり連携してできるようになるまで繰り返し練習をしましょう。

 

前後の連携を確認する練習(10本1セット×前・後)

前後の連携を確認

コートの左側と右側を使用し、前後に2人ずつ入りサーブカットの練習をします。

声をかけあいながらボールはどちらが受けるのかを確認します。サーブカットをしない選手は、サーブカットをする人のフォローに入るか、ミスした場合に備えて次のボールに対応できるよう身体をサーブカットをする人に向けましょう。

 

前後左右の連携を練習(10本1セット×3ヶ所)

前後左右の連携

コート中央に3人が入り、前後左右の連携を確認しながらサーブカットします。

セッターが動かずにトスできる位置にサーブカットが入れば成功とカウント、次の待っている人と交代します。

全員がすべてのポジションで正確なサーブカットを上げられるように練習を繰り返しましょう。

 

ローテーションを行い実戦を想定(1ローテーション1セット)

「W型」のフォーメーション

実際のサーブカットを想定した5人のサーブカット練習です。

5本成功させたら次のローテーションに移動し全員がすべてのポジションで練習します。前後左右しっかりと声をかけながら、誰がとるのかをしっかりと確認しながら練習をします。サーブカットをしない選手は、サーブカットをする選手にしっかり身体を向けて、次の準備をとりましょう。

サーブカットに参加していない選手がサーブを打てば、サーブの練習にもなります。

 

得意な選手がとるフォーメーション

【3人型のサーブカット】

3人型サーブカット

 

【4人型のサーブカット】

4人型サーブカット

サーブカットはできるだけ得意な選手がとると決めておくと、とらない選手は攻撃に専念できます。

主なフォーメーションとしてサーブカット前衛レフト、後衛レフト、リベロ-の3人型(上図)と、ライトを加えた4人型(下図)があります。

アウトオブポジション(サーブを打つ前に移動してしまう反則。ポジションの移動はサーブが打たれてから行う)にならないように注意して練習しましよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロ

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑