*

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

c-quick-01Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです

セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある。Cクイックは、Aクイックの真逆の位置に上げるトス、と考えてはいけません。

ミドルブロックが右利きの選手の場合は、CクイックはAクイックよりも、肩幅分トスを伸ばさなくてはいけません。またライトへのトスは斜め後ろに上げるイメージだが、CクイックやDクイックは速さが求められるため、セッターの真後ろに上げるイメージです。

CクイックやDクイックは、背後で打つためセッターはスパイカーの状態を見ることができません。スパイカーが自分で背後に入るタイミングを見ておき、スパイカーに「入った!」と声をかけてもらったほうがトスを上げやすい。

あとは、スパイカーを信じて正確なトスを上げよう。

上達のコツ!

セッターはボールを触る機会の多いポジションです。疲れてくると腕が上がらなくなり、ボールを取る位置が下がってしまいます。そうならないために、また、ジャンプトスでも遠くにトスを伸ばせるように、肩周りの筋肉を鍛えましょう!

 

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

スパイクで高くジャンプする方法

高くジャンプするポイントは、最後に踏み込むつま先を内側に向けることです。そうすることで助走の勢いが前

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

滑った方向のヒジを伸ばす

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディ

続きを読む

Bクイック

キレが重要。距離のあるクイックトス(Bクイックトス)

親指に力を入れてボールをすばやく突く Aクイックより距離のある速攻がBクイックです。セッターと

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑