*

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブしましよう。

スピードを落とさず、姿勢を正したままレシーブできるため、ボールを正確にコントロールすることができます。コートにボールを落とさない粘り強さが求められるバレーでは、習得しておきたいプレーの一つです。

滑り込みレシーブ

 

姿勢を正した状態で滑り込む

踏み込んだ足で力いっばい床を蹴り、加速しながらボールの下に入りましよう。猫背にならないように姿勢を正してレシーブすることが、上手くボールをコントロールする秘訣です。

 

滑りこみレシーブのレシーブ方法

(1)ボールの落下地点を見極め、スピードを落とさずに移動します。

(2)踏み込むときに歩幅を大きくする

(3)スピードを落とさないようにボールの落下地点へ

(4)姿勢を正したまま、足首、ヒザを床につけて滑りこみます。

(5)すぐに立ち上がれるよう、伸ばした足を床につきます。

腰を位置を上下させないように、一定の位置で滑りこみましょう。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

人数が少なくてもできるゲーム練習

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

LINEウェブストアでスタンプの購入方法とダウンロードのやり方

LINEウェブストアから「よく使う!バレーボールスタンプ」のクリエイターズスタンプを購入する方法をご

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑