*

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動

サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、曲がる、後方に伸びるなど変化を伴うものです。

前に落ちるサーブは、手でボールを追いかけるのではなくおヘソの高さを一定にして重心移動を行い、ボールの落下位置に入ります。

サーバーの手からボールが離れたら動きを始め、落下地点に移動しましょう。

receive-the-ball-before-01

  • 相手サーバがボールを打った瞬間、コースを予測して移動。目線が上下しないように注意。
  • ボールの落下地点に前足の入れる意識で重心を移動しましょう。

上達のコツ!

常に上話目遣いでボールを見る

頭が下がった状態で手だけでボールを受けていても、いいレセプションはできません。おヘソを意識してボールの下に入り、常に上目遣いでボールの位置を確認してとらえられるようにしましょう。

常に上目遣いでボールを見る

身につく練習法

一定のステップを身につけよう

個人でできる練習法です。自分の肩幅くらいの足幅を一定に保ってステップを刻み、2mほどの距離を往復します。身体がぶれて目線が上下しないように注意し、前後左右に動けるように練習しましょう。

receive-the-ball-before-03

自分の肩幅くらいの足幅を一定に保つ

腰に負担をかけてステップしよう

腰にバンドをつけ負担をかけた状態で、一定のステップを保つ練習です。腰から移動する意識をもち、常に同じ負担のまま移動できれば、身体の軸がぶれずに動けている証拠。実践に向け安定したステップが身につきます。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

アンダーハンドパスが左右にブレる時の対象法とは?

アンダーハンドパスが左右にぶれる時の対処法

アンダーハンドパスが左右にぶれて、思った方向に飛ばないことがありますよね。どうやったら上手にアンダー

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑