*

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です

集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

レセプションは、とにかく本数を多く受けることが、上達のためには重要です。最初は取りやすいボール(逆回転のボール)を正面に打ってもらい、正しいフォームで返す練習を繰り返しやりましょ う。フォームが身についたら、実際にサーブを取る練習をしましょう。

レセプションは、練習の時からジャッジが大切です。練習だからといってアウトボールを取ってしまうと、つい試合でも触ってしまうことがあるので、練習の時からアウトボールには触らない癖をつけるようしましょう。

複数の選手がコートに入ってレセプション練習をする時は、声を出して隣の選手との連携を図ることも大事です。

レセプションは集中力が重要なので、笛を吹いてからサーブを打つなど、一本ー本区切りをつけて行うといいですね。

 

■簡単なボールを受けてフォームを固める

簡単なボールを受けてフォームを固める

(1)逆回転のボールを正面に打ってもらう。

ヒザを曲げ、しっかりと腕の面をセッターに向けて返すなど、正しいフォームを意識しながら練習を繰り返す。

(2)正面のボールに慣れたら、体の横にボールを打ってもらう。

サイドにステップしてボールの正面に入り、同じように正しいフォームで返す。

 

■ストレート・クロスのサーブを受ける

ストレート・クロスのサーブを受ける

台上またはサーブの位置からフローターサーブを打ってもらう。

ストレート、クロス両方行う。フローターに慣れたら、ジャンプサーブにもトライしよう。

アウトの時は「アウト」と声を出し、ジャッジも正確に。練習の時からアウトボールには触らない癖をつける。

■3人から5人で連携を確認

3人から5人で連携を確認

複数(3人〜5人)でレセプションのフォーメーションに入り、連携も含めた練習を行う。例えば「15本中9本返せばクリア」「20本中15本」など、目標を設定して行うと集中力を維持しやすい。レ ベルに合った数値を設定しよう。

自分が取る時は「オッケー」、他の人に任せる時は「任せた」など、しっかりと声を出して周りの選手と連携を図ろう。

 

■対戦型で練習する

対戦型で練習する
人数が多い場合は対戦型の練習ができる。まずBチームがサーブを打ち、Aチームがレセプション。

「10本中5本返せばクリア」などのノルマを決め、1セットごとに攻守交代。先に5セットクリアしたチームが勝ち、などのルールを設定する。

数が少ない場合は、レセプション対サーブの対戦型にするといい。リベロやウイングスパイカーがレセプションチーム、それ以外の選手はサープチーム。数値を設定し、クリアした方が勝ち。

 

目標数値を設定しよう

選手のやる気を高めるためには、目標数値を設定するのが効果的。例えば「12本中6本返そう」「50%返そう」など目標を設定し、クリアできるまで行うか、制限時間を設ける。

まず本数を多く受けることが大切ですが、試合前や、選手が飽きてきている時は、数奇をを決めたり、対戦型の練習を取り入れると活気がでます。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

アンダーハンドパスが遠くへ飛ばない

アンダーハンドパスが遠くへ飛ばない

アンダーハンドパスが思った所に飛ばせなかったり、遠くに届かなかったりと悩むことがありますよね。

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。 サーブレシーブは、遠いボール

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑