*

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に

レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメーションから、2人で取るフォーメーションまであります。人数が多いほどー人ー人の守備範囲は狭くなります。

初心者が多いチームは5人型からスタートし、レセプション能力が向上するにつれて、またポジションや役割分担がはっきりするに従って、3人型を採用するといいと思います。

Vリーグなどの高いレベルでは、フローターサーブやジャンプフローターサーブに対しては、2人型のフォーメーションを採用するチームが多いですが、レセプションを担当する選手の、相当な守備範囲の広さと技術の高さが求められます。

選手のレベルや個性を踏まえて、自分たちのチームに合ったフォーメーションを選びましょう。

■5人型

5人型前衛3人後衛2人「W型」

5人型は一人ー人の守備範囲が狭く、サーブポイントを取られにくい。全員のレセプション能力にあまり差がない、ごく一般的で多いチームなどで取り入れやすい。

ただ、ミドルブロッカーを含め、セッター以外全員がレセプションに参加するため、ミドルブロッカーがレセプションした場合、攻撃へのスタンバイが遅れるので、クイックなど速い攻撃にはやや不利になります。

5人型には前列2人後列3人の「M型」と、前列3人後列2人の「W型」がある。ジャンプサーブに対しては、後列が3人になるM型が適している。
5人型前衛2人後衛3人「M型」
特にレセプション能力の高い選手がいる場合は、その選手の列を2人にしたり、3人の真ん中に置いて前後に広く動けるようにするいいと思います。

選手の能によって守備範囲を変えたり、ローテーションに合わせて使い分けましょう。

■3人型

ディグ3人型

3人型はリベロとウイングスパイカー2人がレセプションをします。ミドルブロッカーやオポジット(セッター対角)は基本的にレセプションをせず攻撃に専念るため、5人型より役割分担がはっきりし、攻撃力はアップします。

フオーメーションに入る人数は減りますが、ある程度レセプション能力の高い選手が取るため、安定しやすい。ネットに近いサープはミドルプロッカーが取ります。アウトオブポジションを取られないよう注意が必要です。

■2人型

ディグ2人型

リベロとウイングスパイカー1人がレセプションをします。フローターサーブやジャンプフローターサーブに対して採用されます。もうー方のウイングスパイカーは攻撃に専念でき、攻撃力は3人型以上になります。

9m四方のコートを2人でカバーするには、守備範囲の広さと高い技術が求められますが、レセプション能力の高い選手が2人いるなら、その2人に任せた方が安定します。

2人型の場合は、ウィングスパイカーのどちらが入るべきなのか?

2人型の布陣でレセプションに入るウイングスパイカーの選び方はチームによって異なります。レセプション能力に優劣がある場合は得意な選手を入れたほうがいいです。

能力に差がない場合は、前衛のウイングスパイカーが入るチームはバックアタックを生かし、後衛のウイングスパイカーが入るチームはレフト攻撃を生かすという意図があります。

ちなみに2人ともレセプションが得意な場合も、前衛後衛関係なく、この試合はこの選手が取る、と決めているほうが安定したレセプションが可能になります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑