*

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう。

最後の一歩を大きく踏み込んで勢いをつけ、しっかり腕を伸ばせば、体はスムーズに回転できます。

より球際でレシーブすることができれば、その分、守備範囲が広がるので、片手、両手どちらでもボールを上げられるように練習しましょう。

 

ヒザを付いた状態から練習しよう

飛び込むのが怖いという選手は、ヒザを付いた状態から飛び込んでみましょう。チームメイトにも腰を押してもらうと、勢いがついて滑りやすくなります。

 

すばやく起き上がって次の動作へ

体をスムーズに回転できるようになったら、すばやく起き上がれるようになりましょう。次のプレーに移れる準備を忘れずにしましょう。

 

(1)最後の一歩を大きく踏み込みましょう

(2)ボールを上げてから倒れこみます

(3)伸ばした腕と反対側の足を大きく上げます

(4)走り込んだ勢いを利用して体を回転させましょう

(5)一回転しながら体を起こします

(6)回転を生かして起き上がりましょう

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑