*

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る 

身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディングレシーブし、走り込んだ勢いを使って身体を横にローリングさせよう。床に滑りこんだらすぐに仰向けになり、開脚したまま腰を回転させます。そして、滑り込んだほうの腕で床を押すようにして立ち上げると、スムーズに起き上がることができます。

ローリングレシーブは、ラリー中においてもすばやく立ち上げることができ、次のプレーへの移行できます。シレーブ後はすぐに起き上がるクセをつけましょう。

滑った方向のヒジを伸ばす

腕を床につき、開脚したままの体勢で回転

身体を腕でしっかりと支えて起き上がる

役立つアドバイス

起き上がった後は、次のプレーへ

起き上がった後は、次のボールに対応できるように低い姿勢を心がけましょう。利き腕の方向だけでなく、どちら側にもレシーブし回転できるように、まずはボールなしでローリングの練習をしましょう。

起き上がった後は、次のプレーへ

通常のディグで届かない範囲のボールを上げるローリングレシーブ

通常の構えのディグでは届かないようなボールに対して、飛び込んで片手で上げるディグが、ローリングレシーブです。例えば、ブロックでワンタッチをとったボールや、フェイントボールに対して使われることが多い。

回転することが目的ではないので、まずはボールを上げることだけを考えましょう。ボールを上げた後に、体をうまく回転させて次のプレーに移るのが理想的です。

しっかりと最後までボールを見て、上げてから回転する事がポイント。踏み込む時の目線が高いと恐怖心が出てきてしまうので、低い姿勢で踏み込む事が大切です。左右どちらの手でも上げられる練習をしましょう。

上達のコツ!

まずはマットの上で練習しよう

最初はマットや畳の上で、体の運び方を練習しよう。初めはゆっくりゴロンと転ぶだけで構いません。慣れてきたら、起き上がる動作まで行い、徐々に勢いをつけてやってみよう。

チェック!

ボールはこぶしか、手首の横に当てて上げよう。手首の横に当てる場合は、ボールが当たる瞬間に手首を上に返すイメージでやってみよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

弓を引くようなイメージで右ひじをしっかりと後ろに引く

直線的でスピードが出るフローターサーブ のコツ

手のひら全体でボールの中心をたたく フローターサーブは、高い位置で打つため、アンダーハンドサー

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑