*

6人制バレーボールコートの大きさやラインについて

バレーボールの競技場は左右対称の長方形で最小7mの高さが必要

室内コートは表面が明る色であること

バレーボールの競技場はコートとフリー・ゾーンからなり長方形で左右対称です。競技場の表面は凹凸がなく水平で均一でなければいけません。

バレーボールのコートは18×9mの長方形で、最小限3mのフリーゾーンで囲まれています。(最低で24m×15mのスペースが必要になります。)

自分達のチームのコートの広さは9m×9mの正方形の中でプレーをしています。プレーしてると、自分達のコートのスペースが正方形とはあまり意識しないでプレーしていますよね。

そしてバレーボールの競技場の表面から最小限7mの高さがなければいけません。また、室内コートの表面は明るい色で、コート上の全てのラインの幅もコート表面やその他の床のラインと異なる明るい色でなければいけません。ラインの幅は5cmです。
バレーボールコートと競技場のルール

コートの上と外

フリーゾーンは最小限3mで囲まれており、競技場の空間は表面から最小限7mの高さが必要となります。(FIVB、JVA主催の大会では最小限サイドラインからは5m、エンドラインからは8mで、高さは12.5mなけれなりません)

フリーゾーンの中にはネット、支柱、審判台を除き、一切の障害物があってはいけません。

フリーゾーンのさらに外では、ボールが空中にある限り触ることが認められています。バレーボールみていたら、選手がベンチに向かってボールを追いかけている姿が見られることもありますよね。

フリーゾーンの外でもボールが壁などにあたっていなければ、続けられることができますね。

バレーボールコートの上と外

想像の延長線

実際にはラインは引かれていませんが、コート上の各ラインの両端を延ばした部分もラインが続いていて、「想像延長線」といいます。それぞれのラインに先には想像の延長線が延びています。

コートの外に線が引かれていないからといって、後衛の選手がバックアタックを打つときに、想像の延長線のアタックラインより前で踏み切ってしまいますと反則を取られてしまいますので気をつけましょう。
バレーボールコートの想像延長線

サービスゾーンの範囲

サービスゾーンはエンドライン後方で9mの幅を持つ空間のことです。このゾーンの中でサーブを行います。奥行きはフリーゾーンの端まであります。

サービスラインはエンドラインの延長として引かれています。必ずエンドライン手前でサーブを打つようにします。エンドラインを踏んでサーブを打ってしまうと反則をとられます。

ジャンプサーブでは、サーブを打つ踏切がエンドラインの手前であり、打つ瞬間は飛び越えても問題はありません。踏み込んだ時の足がエンドライン手前であることが大切ですね。

バレーボールコートのサービスゾーンの範囲

 

フロントゾーンの範囲

フロントゾーンはセンターラインの中心とアタックラインも含んで、両サイドラインの外側まで続いています

後衛ポジションのセッターがよくやる行為ですが、トスを上げるときに、ボールをネットより高くフロントゾーンでジャンプし触れたボールが相手コートに入ってしまった場合は反則なります。

また自チームのリベロがアタックライン内にてオーバーハンドで一本目をパスした際にセッターがツーアタック、またはそのパスをスパイカーがそのままスパイクすることも反則となります。

リベロは、サーブを打ったり、スパイクなどの攻撃に参加したり、アタックラインより前のフロントゾーンでオーバーハンドパスによるトスを上げることも反則となります。

想像の延長線でも書きましたが、後衛の選手がフロントゾーン内でスパイクを打つことは反則になります。アタックライン手前でジャンプをしてバックアタックを打ち、着地はフロントゾーンというのは反則になりませんね。

バレーボールコートのフロントゾーンの範囲

バレーボールのコートの大きさや、ラインの決まり、フリーゾーンについてはほとんど教わることがないと思います。こんなルールがあるんだなと一度覚えておけば、試合の時でルールで混乱することがありませんね。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールの華 アタッカー(レフト・ライトプレーヤー)

バレーボールの華 アタッカー(レフト・ライトプレーヤー)

アタッカーとは、アタックを打って得点する役割の選手。厳密にいえば、センタープレーヤーも攻撃に参加して

続きを読む

強い選手になるためのバレーボール選手の体作り

強い選手になるためのバレーボール選手の体作り

すぐれた選手であるために、まずー番大切なことは、常に健康であることです。コンディションがよくなければ

続きを読む

6人制バレーボールのポジションと役割 ローテーション

バレーボールを始める時に、一番初めに決め、しかもその後に大きく影響を与えるのがポジションです。役割や

続きを読む

レシーブの専門職人(リベロ)

レシーブの専門職人(リベロ)

守備に卓越したプレイヤー(リベロ) リベロとは、守備の専門のポジション。1996年ワールド・グラン

続きを読む

バレーボール年代別ネット高さ

バレーボール 年代別のネットの高さ

ネットの高さは年代によって日本独自にルールによってバレーボールネットの高さが異なります。年代別では一

続きを読む

6人制バレーボールのルール (サーブ・リベロ・スパイク・ブロック)

6人制バレーボールのルール (サーブ・リベロ・スパイク・ブロック)

サーブのルール サーブの順番 第1セットの最初のサービスは、トスの結果サービス権を得たチームが行

続きを読む

バレーボールでジャンプ力を上げる方法と鍛え方とは

バレーボールでジャンプ力を上げる方法

【質問】 バレーボールをしているのでが、ジャンプ力があまりありません。身長が低いのでどうしてもジャ

続きを読む

工ースアタッカーの役割

工ースアタッカーの役割

ここぞという時に何とかするのが工ースアタッカー どんな競技にも、「エース」と呼ばれる役割の人がいま

続きを読む

バレーボールのボールインとボールアウトに

ボールインとボールアウトについて

ライン際の判定でどうなったらインなのかアウトなのかわからない選手がいると思います。 よく言われ

続きを読む

バレーボール ローテーションとポジションの位置や動き方

ローテーションとポジションの位置や動き方

バレーボールで質問が多いのが、「ローテーションについてよくわかりません。自分たちのチームにサーブ権が

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑