*

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る

斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブよりも助走距離を長くとり、片足で踏み切って打つのがランニングジャンプフローターサーブです。長い場合はエンドラインの端から端まで助走して打つこともあります。

十分に体重の乗ったスイングで、ボールにスピードをつけないとジャンプしてサーブを打つ意味がありません。そのためにはトスの役割が重要になります。ジャンプ中はバランス調整ができないので、ジャンプフローターサーブの精度を高めるには、最も体重を乗せたスイングができるよう、自分にあったジャンプトスのタイミングを見つけることが不可欠です。

ランニングジャンプフローターサーブ

相手コートをよく見て打とう

サーブは、自分のタイミングて相手とかけひきできるのでプレーです。いいサーブを打つために、打つ前にしっかり相手コートを観察してみよう。

  1. 相手コートをよく見て構える。
  2. ジャンプとのタイミングを測ってスタートを切る。
  3. 徐々にスピードを上げていく。
  4. 左足の踏み込みに合わせて、ボールを持った腕を上げ始める。
  5. 左足で踏み切りながら、ボールを低めに上げる。
  6. 体幹を傾けずに上体をひねっていく。
  7. 最も体重が乗る、右肩の斜め前方でボールをミートする。

ランニングジャンプフローターサーブ助走
ランニングジャンプフローターサーブの助走は、1歩、2歩、3歩・・・と、段階を追って助走を増やしていき、自分が打ちやすい方法を見つけることが大切です。

上達のコツ!

身体の軸をまっすぐ保ったまま打とう

トスは助走しながら低めに上げ、すぐに打つイメージで。踏み切る時に身体が傾いたり、流れてしまうと、助走の勢いをボールに伝えられなくなってします。体の軸をまっつぐに保ったままジャンプすることを心がけよう。

トスと踏み切りのタイミング

踏み切ったあとは常に同じスイングで打てるように、トスのタイミングと高さを合わせる。トスがズレると体重の乗ったスイングはできなくなります。

目標は近いところに設定しよう

愛艇コートを狙った場所にサーブを打つためには、遠くに目標を設定するより白帯のどのあたりを目標にして打てばいいのかマスターするのが近道です。フラフープなどの道具をつかって近くに目標を設定し、色々なコースを打てるように練習をしましょう!

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

ジャンプサーブのコツと練習方法

ジャンプサーブ 上達のコツ 助走と打ち方の練習方法とは?

【質問】 ジャンプサーブを打っているのですが試合ではなかなか入らないです。 ジャンプサーブの

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロ

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑