*

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質

サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、オーバーハンド、ラウンドハウスの3つがあり、試合では主にオーバーハンドかラウンドハウスを使います。ジャンプ系のサーブも腕の振り方はオーバーハンドとなります。

球種はボールに回転をつけるかスピンサーブか、無回転で打つかのどちらかとなります。世界トップクラスの先週が試合て使っているサーブでは、オーバーハンドの無回転サーブか、ジャンプサーブ(または無回転サーブ)が主流となります。

 

3つのスイングのタイプ

(1)オーバーハンドタイプ

ネットに体を向け、ヒジを曲げたバックスイングから前腕をしなるように振り出して打ちます。コントロールしやすく、ボールに回転の変化をつけやすいのが利点です。コントロールがしやすく、狙った場所にサーブを打つことができます。ジャンプを加えると強打のサーブとなります。一番バレーボールをしている選手が使うサーブです。

サーブの種類
フローターサーブ、ジャンプサーブ、ジャンプフローターサーブなどがあります。

(2)ラウンドハウスタイプ

ネットに直角に立ち、ヒジを伸ばしたまま腕を大きく振り抜いて打つ。強打しやすくスピンもかけやすいが、コントロールが難しく無回転がやや打ちにくいサーブです。ボールをミートするときに手首を巻きつけるようにスナップをきかせ、ボールに強い回転をつけるとドライブサーブが打てます。

サーブの種類
代表格はドライブサーブ。ほかに無回転のスピードボールを打つ変化球サーブがあります。

(3)アンダーハンドタイプ

ネットに体を向け、手を下から上に振ってボールをすくい上げるように打つ。コントロールしやすくバレーボール初心者が安全に打つのに適したサーブですが、威力はあまり期待できません。サーブを入れることをまずが考えるサーブとなります。

サーブの種類
まれに使われるのは天井サーブだが、アンダーハンドは威力に乏しいので試合ではあまり使わない。

 

2つの球種

(1)無回転サーブ

ボールの中心を押し出すようの打つのが無回転サーブで、ボールは落下の後半で複雑な変化をします。また、ボールを打つときの手の形やフォロースルーのつけ方でも、ボールに変化をつけることができます。

無回転サーブは、手首をスナップさせずにボールの中心を押し出すように打つことが大切です。レシーバーの手前で複雑な変化を見せ、打った瞬間にパッと手を離せば早く落下し、手を少し前に突き出せば伸びるサーブになります。

サーブの種類
フローターサーブ、ジャンプフローターサーブなど。中でもジャンプフローターサーブは最も威力のある無回転サーブです。

(2)スピンサーブ

手首のスナップをきかせてボールに回転をつけるのがスピンサーブです。強い前回転をつけるドライブサーブが主流で、スピードがあって早く落下するボールになります。ボールの中心をずらして打てば、左右に曲がりながら落ちるサーブにすることもできます。

サーブの種類
ドライブサーブ、ジャンプサーブなど。ジャンプサーブはドライブ回転をつけて打つことで、オーバーを恐れずに強打できる。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑