*

サーブレシーブのフォーメーション

サーブレシープのフォーメーションでは、セッター以外の5人が前3人、後ろ2人というW型の位置につく陣形が最もオーソドックスなパターンがあります。ただし、この形は5人のレシープ能力がー定レベルに達している必要があるうえに、攻撃スピードが遅くなりやすいという欠点もあります。

そこで、レシープ能力が低い人がいるとか、早い攻撃をしかけたいなど、チームの特徴に合わせて4人、3人、2人とレシーブ人数を減らす選択を行い必要があります。それぞれにー長ー短はあるが、どのフォーメーションをとる場合でも、ボールへの対応時間とレシーバー間の「空間」をどう分担するかを、しっかり意識して位置につくことが大切です。

 

5人でのフォーメーション

サーブレシーブフォーメーションの基本ともいえるのが、セッター以外の5人でレシーブする陣形です。W型にするのは、ボールへの対応時間が前では短く、後ろは長くなあります。

5人でのフォーメーション

(4)(5)は(1)(2)(3)と前衛が重ならない位置につく

 

●サーブの方向による調整

右からのサーブに対しては、 基本形より(2)(3)(4)がやや右に寄り、 左からの場合は、(1)(2)(4)がやや左に寄る。

5人でのフォーメーション

 

4人でのフォーメーション

セッターともう1人を外す4人のフォーメーション。前後が重なると中間にきたボールをどちらがレシーブするか混乱してしまうので、絶対に重ならないような位置取りが重要です。

4人でのフォーメーション

(1)と(3)(2)と(4)が重ならいようになポジションをとる。

 

●サーブの方向による調整
右からのサーブに対しては(1)(2)はやや左に、(3)(4)はやや右に寄る。また左の場合は(1)(2)はやや右に、(3)(4)はやや左に寄る。

4人でのフォーメーション

 

3人でのフォーメーション

3人の場合は、コートをタテに3等分して守る配置が基本。レシーバーは後方にV字型に並んだポジションをとります。

3人でのフォーメーション
(1)(2)(3)がV字型に並び、各々コートのタテ1/3を守る。ただし、ボールがネット線へくると予想した時は、(1)(3)を下げ、(2)をやや前に出して三角形の配置にすることもあります。

 

●サーブの方向による調整
右からサーブに対しては(3)がやや下がり、左からのサーブに対しては(1)がやや下がる。

3人でのフォーメーション

 

2人でのフォーメーション

リベロともう1人の2人でコートを2等分してレシーブする形。2人のレシーブ力が高いことが大前提ですが、サーブレシーブから攻撃パターンを増やせるのが利点になります。

2人でのフォーメーション

コートを左右に2等分した広い範囲を2人でカバーする。

 

●サーブの方向による調整
右からのサーブに対しては(2)が前に、左からの場合は(1)が前に出ます。

2人でのフォーメーション

対ジャンプサーブに5人と2人はない

強力なジャンプサーブやジャンプフローターサーブなどに対して、レシーバー5人または2人のフォーメーションはないと考えましょう。5人ではレシーバー間の「空間」が多くなりすぎるし、2人では移動が長くなってボールへの対応が遅れます。どちらも速いサーブの処理が難しくなるからです。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

サーブの勢いに負けないように腕はしっかり止めて振らないこと

左右にきたボールのとり方(オーバーカット・レセプション)

近年は女子でもジャンプサーブが増え、スピードとパワーのあるサーブを受けることが多くなりました。

続きを読む

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。 サーブレシーブは、遠いボール

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑