*

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする

アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサーブをオーバーハンドでレシーブしなければならない場合もあります。このときの一番の注意点はボールの威力に負けないことです。

指でのレシーブになるため、女子選手はボールの強さに負けて後ろへはじいてしまうことが少なくないので要注意です。

サーブの高さをすばやく見極め、オーバーでレシーブするしかないと判断したら、ボールより先に後退して体の前でボールをとらえるようにしましょう。

オーバーハンドでサーブレシーブ手順

(1)オーバーハンドでレシーブすると判断したら、体の前で受けられる位置へ体を運びます。

体の前でとれる位置に移動

(2)やや姿勢を低くし、指をしっかり広げて、顔の前で両手を構えます
やや姿勢を低くし、顔の前で両手で構える

(3)額の斜め前上でボールをキャッチする。キャチする位置が頭の上寄りにずれてしまうと、ボールをはじきやすなるので注意です

額の斜め前上でボールをキャッチする

(4)下半身のバネを使って高いボールをセッターへ送ります。指はボールを弾く感じで受けます。

下半身のバネを使って高いボールをセッターへ送る

 

早く動いていい体勢を作ることが大切

サーブレシーブではフットワークをいかしてすばやくレシーブの体勢を作り、セッターに両腕の面を向けることが大切です。レシーブ地点に入るまで視線を上下にぶらさないように注意しましょう。

オーバーハンドでレシーブする場合は、ボールの下にしっかり入ってサーブカットをしなければいけないので、通常のサーブレシーブをするよ落下位置点をすばやく見極め、体の斜め前でしっかりオーバーハンドで受けられるように、すばやく移動することが大切です。

 

サーブに負けないように気をつける

サーブに負けるレシーブする位置が後ろにズレると、ボールの勢いに負けてセッターへボールを送れない。

(1)ボールをキャッチする位置が頭上方向へズレる

ボールをキャッチする位置が頭上方向へズレる

(2)サーブに勢いに負けると、ボールを前方へ送ることが難しくなります

サーブの勢いに負け、ボールを前方へ送れない

 

オーバーでとるかアンダーでとるか

よく肩より下のボールはアンダーハンド、上ならオーバーハンドといわれますが、必ずしもそれが正しくはありません。

かなり低いボールまでオーバーでとる選手もいれば、その逆もあります。

どう使い分けるか自分がどれでとるかを意識しているかだと思います。「瞬時に体が反応した体勢でレシーブする」ことが正しいです。

意識して取ろうとする方でなるべくとるようにしましょう。肩より低ければオーバーが基本ですが、これはあくまでも目安と考えましょう。

 

私の場合は、オーバーハンドが得意で、アンダーハンドでサーブレシーブが苦手でしたので、なるべくオーバーハンドでサーブレシーブをするようにしていました。

通常のサーブレシーブの位置でサーブを待っているとボールの下に入ってしっかりオーバーハンドでサーブカットができないので、通常の位置より若干前で構えることを意識してサーブカットをするようにしていました。

後衛の場合は、コートの真ん中くらいでサーブカットを待っていることもありましたよ。

強く速いサーブをオーバーハンドでサーブカットすると突き指をしやすくなるので、受ける際には気をつけてくださいね。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

オープンスパイクと同じ要領で、ネットスレスレにボールを打ち込む

サーブポイントの確率が高まる強いジャンプサーブ

高い打点からスパイクのような強まるサーブを打つ 強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャ

続きを読む

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

1 枚のブロック練習

1枚のブロック練習方法

移動してもまっすぐ跳ぶことを心がける ブロックは、正しいフォームを覚えることが先決です。まずは、ヒ

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑