*

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする

アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサーブをオーバーハンドでレシーブしなければならない場合もあります。このときの一番の注意点はボールの威力に負けないことです。

指でのレシーブになるため、女子選手はボールの強さに負けて後ろへはじいてしまうことが少なくないので要注意です。

サーブの高さをすばやく見極め、オーバーでレシーブするしかないと判断したら、ボールより先に後退して体の前でボールをとらえるようにしましょう。

オーバーハンドでサーブレシーブ手順

(1)オーバーハンドでレシーブすると判断したら、体の前で受けられる位置へ体を運びます。

体の前でとれる位置に移動

(2)やや姿勢を低くし、指をしっかり広げて、顔の前で両手を構えます
やや姿勢を低くし、顔の前で両手で構える

(3)額の斜め前上でボールをキャッチする。キャチする位置が頭の上寄りにずれてしまうと、ボールをはじきやすなるので注意です

額の斜め前上でボールをキャッチする

(4)下半身のバネを使って高いボールをセッターへ送ります。指はボールを弾く感じで受けます。

下半身のバネを使って高いボールをセッターへ送る

 

早く動いていい体勢を作ることが大切

サーブレシーブではフットワークをいかしてすばやくレシーブの体勢を作り、セッターに両腕の面を向けることが大切です。レシーブ地点に入るまで視線を上下にぶらさないように注意しましょう。

オーバーハンドでレシーブする場合は、ボールの下にしっかり入ってサーブカットをしなければいけないので、通常のサーブレシーブをするよ落下位置点をすばやく見極め、体の斜め前でしっかりオーバーハンドで受けられるように、すばやく移動することが大切です。

 

サーブに負けないように気をつける

サーブに負けるレシーブする位置が後ろにズレると、ボールの勢いに負けてセッターへボールを送れない。

(1)ボールをキャッチする位置が頭上方向へズレる

ボールをキャッチする位置が頭上方向へズレる

(2)サーブに勢いに負けると、ボールを前方へ送ることが難しくなります

サーブの勢いに負け、ボールを前方へ送れない

 

オーバーでとるかアンダーでとるか

よく肩より下のボールはアンダーハンド、上ならオーバーハンドといわれますが、必ずしもそれが正しくはありません。

かなり低いボールまでオーバーでとる選手もいれば、その逆もあります。

どう使い分けるか自分がどれでとるかを意識しているかだと思います。「瞬時に体が反応した体勢でレシーブする」ことが正しいです。

意識して取ろうとする方でなるべくとるようにしましょう。肩より低ければオーバーが基本ですが、これはあくまでも目安と考えましょう。

 

私の場合は、オーバーハンドが得意で、アンダーハンドでサーブレシーブが苦手でしたので、なるべくオーバーハンドでサーブレシーブをするようにしていました。

通常のサーブレシーブの位置でサーブを待っているとボールの下に入ってしっかりオーバーハンドでサーブカットができないので、通常の位置より若干前で構えることを意識してサーブカットをするようにしていました。

後衛の場合は、コートの真ん中くらいでサーブカットを待っていることもありましたよ。

強く速いサーブをオーバーハンドでサーブカットすると突き指をしやすくなるので、受ける際には気をつけてくださいね。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑