*

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする

アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサーブをオーバーハンドでレシーブしなければならない場合もあります。このときの一番の注意点はボールの威力に負けないことです。

指でのレシーブになるため、女子選手はボールの強さに負けて後ろへはじいてしまうことが少なくないので要注意です。

サーブの高さをすばやく見極め、オーバーでレシーブするしかないと判断したら、ボールより先に後退して体の前でボールをとらえるようにしましょう。

オーバーハンドでサーブレシーブ手順

(1)オーバーハンドでレシーブすると判断したら、体の前で受けられる位置へ体を運びます。

体の前でとれる位置に移動

(2)やや姿勢を低くし、指をしっかり広げて、顔の前で両手を構えます
やや姿勢を低くし、顔の前で両手で構える

(3)額の斜め前上でボールをキャッチする。キャチする位置が頭の上寄りにずれてしまうと、ボールをはじきやすなるので注意です

額の斜め前上でボールをキャッチする

(4)下半身のバネを使って高いボールをセッターへ送ります。指はボールを弾く感じで受けます。

下半身のバネを使って高いボールをセッターへ送る

 

早く動いていい体勢を作ることが大切

サーブレシーブではフットワークをいかしてすばやくレシーブの体勢を作り、セッターに両腕の面を向けることが大切です。レシーブ地点に入るまで視線を上下にぶらさないように注意しましょう。

オーバーハンドでレシーブする場合は、ボールの下にしっかり入ってサーブカットをしなければいけないので、通常のサーブレシーブをするよ落下位置点をすばやく見極め、体の斜め前でしっかりオーバーハンドで受けられるように、すばやく移動することが大切です。

 

サーブに負けないように気をつける

サーブに負けるレシーブする位置が後ろにズレると、ボールの勢いに負けてセッターへボールを送れない。

(1)ボールをキャッチする位置が頭上方向へズレる

ボールをキャッチする位置が頭上方向へズレる

(2)サーブに勢いに負けると、ボールを前方へ送ることが難しくなります

サーブの勢いに負け、ボールを前方へ送れない

 

オーバーでとるかアンダーでとるか

よく肩より下のボールはアンダーハンド、上ならオーバーハンドといわれますが、必ずしもそれが正しくはありません。

かなり低いボールまでオーバーでとる選手もいれば、その逆もあります。

どう使い分けるか自分がどれでとるかを意識しているかだと思います。「瞬時に体が反応した体勢でレシーブする」ことが正しいです。

意識して取ろうとする方でなるべくとるようにしましょう。肩より低ければオーバーが基本ですが、これはあくまでも目安と考えましょう。

 

私の場合は、オーバーハンドが得意で、アンダーハンドでサーブレシーブが苦手でしたので、なるべくオーバーハンドでサーブレシーブをするようにしていました。

通常のサーブレシーブの位置でサーブを待っているとボールの下に入ってしっかりオーバーハンドでサーブカットができないので、通常の位置より若干前で構えることを意識してサーブカットをするようにしていました。

後衛の場合は、コートの真ん中くらいでサーブカットを待っていることもありましたよ。

強く速いサーブをオーバーハンドでサーブカットすると突き指をしやすくなるので、受ける際には気をつけてくださいね。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

バレーボールの新用語

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語 国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書など

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑