*

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること。1本目のボールが乱れたとしても、2本目、3本目でカバーすることができれば、1本目のミスは帳消しになります。

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

チームワークが魅力のバレーボールにとって一番大切なことは、お互いのプレーを力バーし合うことです。つまり、ボールをさわっていない選手が、いつでもカバーできるように、準備をしておくことがとても重要です。

特に1本目となるサーブレシーブやレシーブのカバーリングは、必要不可欠です。カバーリングのポイントは、コートにボールが入ってきたら、レシーブする選手につま先を向けて、全員が準備すること。間にきたボールは、お見合いしないように、後衛の選手は、必ずレシーブ力バーに入るようにしましょう。

また前衛の人は後衛の人にサーブカットを任せる場合は、しっかりと受けてほしい人の方向に身体を開いて、しっかり「任せた」や「お願い」など後衛の人にとって欲しいアクションを起こすことがとても大切です。

前衛の人が、前を向いてサーブカットをとるような行動をしてしまうと、後衛の人は勘違いをしてカバーに入っていても、ワンテンポ遅れてしまい、サーブカットをミスする可能性がたくなってしまいますので、しっかりと前衛と後衛の人の声や身体でのアクションはとても重要です。

日頃の練習から、「レシーブする選手以外は、全員がセッター」という意識で、カバーリングを徹底しましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

1 枚のブロック練習

1枚のブロック練習方法

移動してもまっすぐ跳ぶことを心がける ブロックは、正しいフォームを覚えることが先決です。まずは、ヒ

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑