*

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること。1本目のボールが乱れたとしても、2本目、3本目でカバーすることができれば、1本目のミスは帳消しになります。

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

チームワークが魅力のバレーボールにとって一番大切なことは、お互いのプレーを力バーし合うことです。つまり、ボールをさわっていない選手が、いつでもカバーできるように、準備をしておくことがとても重要です。

特に1本目となるサーブレシーブやレシーブのカバーリングは、必要不可欠です。カバーリングのポイントは、コートにボールが入ってきたら、レシーブする選手につま先を向けて、全員が準備すること。間にきたボールは、お見合いしないように、後衛の選手は、必ずレシーブ力バーに入るようにしましょう。

また前衛の人は後衛の人にサーブカットを任せる場合は、しっかりと受けてほしい人の方向に身体を開いて、しっかり「任せた」や「お願い」など後衛の人にとって欲しいアクションを起こすことがとても大切です。

前衛の人が、前を向いてサーブカットをとるような行動をしてしまうと、後衛の人は勘違いをしてカバーに入っていても、ワンテンポ遅れてしまい、サーブカットをミスする可能性がたくなってしまいますので、しっかりと前衛と後衛の人の声や身体でのアクションはとても重要です。

日頃の練習から、「レシーブする選手以外は、全員がセッター」という意識で、カバーリングを徹底しましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

サーブレシーブのフォーメーション

サーブレシーブのフォーメーション

サーブレシープのフォーメーションでは、セッター以外の5人が前3人、後ろ2人というW型の位置につく陣形

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑