*

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に抑えることは必要となります。最近では、速攻を打つ選手や攻撃力のある選手がサーブレシーブに入らない3人型、4人型のフォーメーションを採用するチームが増えてきています。

 

【3人フォーメーション】

3人型は、主にリベロとレフトの2人がサーブレシーブに参加します。ライトの選手が必ず攻撃に絡めるのが利点です。「アウト・オブ・ポジション」(サープが打たれるまで口ーテーションの位置にいないといけない)の反則をとられないように注意して、チーム攻撃パターンに合わせて使い分けてサーブレシーブのフォーメーションを考えましょう。

【3人型】

セッターが前衛の例

セッターが前衛 3人型 サーブレシーブ
リベロは必ずサーブレシーブに入り、2人のレストがサーブレシーブに入ります。幅9mのコートを3人で守るため、1人が守る横幅は3m。センターはネット際に落ちたボールをカバーしましょう。

 

セッターが後衛の例

セッターが後衛 3人型 サーブレシーブ
セッターは、後衛の位置からすぐにネット際に移動しましょう。

 

【4人フォーメーション】

もう一つの4人型はライトがサーブレシーブに参加します。ライトが守備型の選手の場合は、より安定したサーブレシーブの布陣を組めるでしょう。ただし、攻撃力のある選手がサーブで狙われた場合は、攻撃に絡める確率が低くなります。

攻撃力のある選手が狙われた時を想定して、ローテーションごとに対策を立てていくことも必要です。自分たちのウィークポイントを分析し、有利になるようなポジションを組み、サーブレシーブのフォーメーションを頭の中にしっかりたたき込んでいきましよう。

 

【4人型】

セッターが前衛の例

セッターが前衛 4人型 サーブレシーブ
後衛のレフト、ライト、リベロが中心になって、サーブレシーブをとりましょう。

 

セッターが後衛の例

セッターが後衛 4人型 サーブレシーブ
後衛レフト、リベロが中心になってサーブレシーブを取りましょう。

 

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

アンダーハンドパスが遠くへ飛ばない

アンダーハンドパスが遠くへ飛ばない

アンダーハンドパスが思った所に飛ばせなかったり、遠くに届かなかったりと悩むことがありますよね。

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

白帯の上からボールを相手のコート側に落とす練習

ブロックの手の出し方の練習

手の出し方は、両腕を上げて腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをし、腕を白帯の向こう側にしっかりと

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

スパイクで高くジャンプする方法

高くジャンプするポイントは、最後に踏み込むつま先を内側に向けることです。そうすることで助走の勢いが前

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑