*

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道
相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習

まずは自分のサーブ位置を把握する。エンドラインのすぐ後ろからサーブを強く打ってみて、オーバーした分だけ後ろに下がり、距離の調節していくといいです。

位置が決まったら、エンドラインからの距離を自分の歩幅で計って覚えておくといつも一定でサーブが打てるようになります。練習でも試合でも、同じ位置から安定したサーブを打てるようにしましょう。

強いサーブを打てるようになったら、相手の嫌がるコースを狙うようにしましょう。コートの角にコーンなどを置き、狙う練習を繰り返す。ジャンプサーブを打てる選手も、ジャンプフローターやフローターサーブを練習し、2種類のサーブを使い分けられるようにしておくと試合に役立ちます。

サーブは本数を多く打つことが上達の一番の近道。ー人でもできるので、時間を見つけて練習しよう。

コースの角を狙う練習

コートの角をコーンやモップなどで囲み、その中を狙練習です。囲む大きさはレベルによって調整する。90~100%の力で強いサーブで狙うのが基本だが、70〜80%の設定にして狙う範囲を狭めたり100%にして範囲を広げてもいい。

「3本入ったらクリア」「2本連続で入ったらクリア」などゲーム感覚でやると面白いです。また5分以内、15分以内など制限時間を設けもの集中して練習ができます。

長すぎると集中力が持たないので、20分以内にするといいと思います。

コースの角をサーブを狙う練習

対戦形式で、常に相手が嫌がる場所を狙う意識を持つ練習

単調な練習にならないために、対戦形式の練習は有効。下記のやり方以外に、サーブチーム全員で何ポイント取れるかという設定にして練習してもいいと思います。
例えば、サーブチームが7人の場合、「7人で35本崩したら終わり」など。また「1人で5本崩したらクリア」などの条件にして、クリアした選手から抜けていくルールで練習をするとゲーム感覚でやれるので集中して練習ができます。

サーブ対レセプションの練習

サーブ対レセプションの練習

コートの角や、選手の間や前を狙ったり、レセプションの苦手な選手を攻めるなど、試合を想定してサーブを打とう。

サーブ対レセプションの対戦形式。リベロやウイングスパイカーがレセプションチーム、それ以外の選手はサーブチームに分かれる。「10本中5本崩す×2セットで勝ち」など設定を決めて対戦する。

人数が多ければ、両チームが交互にサーブとレセプションを行って対戦することもできます。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボール始めた人は、初めからサーブが上手く打てることはほとんどありません。サーブは入らないのは当

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

距離が出るフローターサーブのやり方とは

フローターサーブのコツと練習方法、距離の出し方をわかりやすく教えてください

【質問】 フローターサーブを練習していますがサーブが安定してないので打っても距離がギリギリ入るくら

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑