*

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する

レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、相手ブロッカーの反応を遅らせなければなりません。最もよく使われるのは、ダミーでセンタープレイヤーがクイックの動きをすることで、相手プロッカーを中央に引きつける攻撃方法となります。

たとえば、ダミーがBクイックの動きでジャンプし、セッターはBクイックで上げると見せかけてバックトスに切り替え、ライトが打つ。または、ダミーのAクイックのジャンプから、長いトスに切り替えてレフトが打つといった形となります。

相手プロッカーの反応が一瞬でも遅れれば、アタッカーはブロックがさせにくくなるのでとても有利になる。

攻撃パターン(1) Cクイックと見せかける

Cクイックの動きで相手プロッカーを誘うパターン

 

これはCクイックの動きで相手プロッカーを誘うパターン。味方のセンターがCクイックのタイミングで入って相手のセンターブロッカーを引きつけ、セッターはトスを切り替えてレフトへ長いボールを送り、レフトがスパイクするという形。

トスの方向をバックから前へ、ぎりぎりのタイミングで切り替える攻撃方法です。

相手のセンターブロックカーが、Cクイックのおとりでジャンプすることで、レフトの距離の移動距離があるので間に合わず、レフトスパイカーがブロック1枚でスパイクを打てることになり、決定率が高くなります。

 

攻撃パターン(2) 「カー1」と見せかけて「アー3」へ

ライトからのサイド攻撃をクイックの動きでアシストするパターン

ライトからのサイド攻撃をクイックの動きでアシストするパターン。

ダミーに跳ぶスパイカーがBクイック「カー1」のタイミングでネットに入って、相手のセンターブロッカーを引きつけ、ライトが「アー3」で打ちます。

攻撃パターン(1)とは逆に、セッターがトスの方向を前からバックトスへ切り替えるタイミングをできるだけ遅らせて、最後の瞬間まで相手のセンターブロッカーにBクイックだと思わせることが重要となります。

 

攻撃パターン(3) 「エー1」と見せかけて「クー3」へ

Aクイックの動きをダミーに使って、レフトのスパイカーをアシストするパターン

Aクイックの動きをダミーに使って、レフトのスパイカーをアシストするパターン。味方のセンターがAクイックのタイミングでネットに入って、相手のブロッカーを引きつけ、セッターはAクイックのトスからオープンへの長いトスにチェンジして、レフトに「クー3」で打たせるという形です。

 

セカンドテンポでも打ってみよう

レフトやライトからの攻撃は、最もパワーのあるサードテンポからのオープンスパイクがメインになるが、クイックの動きで相手プロッカーの遅れを誘う攻撃バターンのときは、少し早いタイミングで打つスパイクも使うことが有効です。

相手のブロッカーが遅れを立て直す前に、スパイク打つというわけです。相手のタイミングが遅れているうちに低く早いトスで打つととても有効的となります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

白帯の上からボールを相手のコート側に落とす練習

ブロックの手の出し方の練習

手の出し方は、両腕を上げて腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをし、腕を白帯の向こう側にしっかりと

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

バレーボールでアタックを打つ時のフォームを教えてください

バレーボールでアタックを打つ時のフォームを教えてください

【質問】 バレーボールでアタックを打つ時のフォームがよくわかりません。 どうやってアタックの

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

Comment

  1. バボ より:

    このサイトを宣伝しまくるの辞めませんか?
    内容見ると間違いだらけで、こんなことを広めて欲しくないです。
    大学までバレーやってました?
    どっかのサークルですよね?

    コートの分割とかあれなんですか?
    普通、レフトから5~1、A~Cで表すんですが知らないですか??

    • コメントありがとうございます。
      中学から大学までは部活に入ってバレーボールしていました。
      中学は県大会4位、高校は県大会1位、大学は北信越リーグですが一部で2位までやっていました。国体も出場しています。
      もちろんすべてレギュラーですね。社会人でもちょくちょくはやっています。

      攻撃のやりかたですが、それぞれのチームのやり方で良いと思いますよ。
      私の説明のやり方は初心者方向けで、わかりやすく図などで説明をしています。

      勉強のために、バレーボールの本などを参考にやらせてもらっています。
      コート分割も色々参考にしながら作成をいたしました。

      色んな人の普通があるとおもいますので、チームで状況でやっていただければと思います。
      たくさんの方に参考になったと連絡をもらっていますので、これからも続けさせてもらおうと思っております。

      貴重なご意見ありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑