*

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れると、差し込まれて肩が開いてしまうため、ボールをしっかりとらえることができません。

サーブが伸びてくると判断したら、上半身を動かさず、ヒザを伸ばさないように面を作り、ボールがくる方向へ足をすばやく出すのがポイントです。ボールの動きを目で追い、落下地点を見極めましよう。

 

伸びてくるサーブカットのとり方

(1)構えた状態で、サーブコースを確認します

構えた状態でサーブコースを確認

(2)ボールが伸びてくると判断したら、すぐに足を後ろに引きボールの落下地点に入ります

ボールが伸びてくると判断したら、すぐに足を後ろに引きます

(3)ボールが面に当たるまでしっかりとよく見て、セッターにしっかり面を向けてとらえましょう

ボールが面に当たるようにしっかりとらえましょう

 

肩が開いてしまうとミスをしやすい

下がるのが遅れて、面がセッターの方へ向いていないケースでボールをとらえるとサーブカットのミスします。
 
しっかり後方の足を落下地点に移動して、セッターに腕の面をしっかり向けるようにサーブカットをします。最後までボールが面に当たるまでよく見て、とらえるようにしましょう。

(1)体が伸びてしまい、面がセッターに向いていないのでボールがしっかり返りません

体が伸びてしまい、面がセッターに向けていないケース

(2)後ろに下がるのが遅れてしまい、差し込まれボールをしっかりとらえきれません

ボールが伸びてきて体を十分にとらえきれないケース

 

上達のポイント

後方の足が、ボールの落下地点にくるようにします

後方へのステップを、すばやく行うためには、すり足で移動するのがポイントです。ボールの落下地点に後方の足がくるようなイメージで動かしましょう。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑