*

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ちたり、横に曲がるサーブに対しては、ボールの落下地点に素早く入り、正面でとることがとても重要となります。

特に、ボールを追いかけるように頭を下げたり、腕を振ってしますと、サーブレシーブは上がりません。サーブのコースを予測し、姿勢を正しくした状態で重心移動を心がけましょう。

 

ボールの落下地点に足を早く出す

目線は常に一定の位置を心がけ、すり足で移動しましょう。ボールの下にすばやく入るには、とにかく足を早く出すことです。

動きながらのサーブレシーブは、上半身の姿勢を崩さずに一定に保つようにプして、ボールの落下地点に素早く動いてレシーブするのが基本となります。

コートで動く時には、最初に横に動いてから、次に縦に動くようにすると、ボールが急に伸びてくる場合でも、足を止めることでうまく出来ますし、サーブが落ちるボールに対しても前進すればレシーブが出来ますね。

最初にボールの進行方向の横をまず合わせてから、ボールが落ちてくる縦に合わせるようにするのが動きながらのサーブレシーブ(レセプション)のポイントです。

サーブレシーブをやり始めた方は、ボールの落下地点がそもそも分からないと思うかもしれませんが、初めは短い距離でサーブカットの練習をし、段々と距離を伸ばしていけばちゃんと落下地点がわかるようになりますので安心してください。

 

サーブレシーブの受け方

(1)相手のサーバーが体を向けている位置からコースをコースを予測します

相手サーバーの動きを察してコースを予測する

(2)目線を一定にしてすり足でサーブの落下地点へ移動します

目線を一定にしてすり足でサーブの落下地点へ移動

(4)面をしっかり作り辛抱強くボールを待ち、ボールを正面で受けるようします

ボールをしっかり正面でとらえましょう

姿勢が崩れてしまうケース

頭から突っ込んでしまうケース

頭から突っ込んでしまうケース

アゴが上がってしまい、腕を振ってしまうケース

アゴが上がってしまい、腕を振ってしまうケース

腕が下がり、落下地点に間に合わないケース

腕が下がり、落下地点に間に合わいケース

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

サーブの勢いに負けないように腕はしっかり止めて振らないこと

左右にきたボールのとり方(オーバーカット・レセプション)

近年は女子でもジャンプサーブが増え、スピードとパワーのあるサーブを受けることが多くなりました。

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの遠くまで飛ばせなかったり、うまくコントロールができない!って思う事ありますよね。

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

人数が少なくてもできるゲーム練習

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑