*

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ちたり、横に曲がるサーブに対しては、ボールの落下地点に素早く入り、正面でとることがとても重要となります。

特に、ボールを追いかけるように頭を下げたり、腕を振ってしますと、サーブレシーブは上がりません。サーブのコースを予測し、姿勢を正しくした状態で重心移動を心がけましょう。

 

ボールの落下地点に足を早く出す

目線は常に一定の位置を心がけ、すり足で移動しましょう。ボールの下にすばやく入るには、とにかく足を早く出すことです。

動きながらのサーブレシーブは、上半身の姿勢を崩さずに一定に保つようにプして、ボールの落下地点に素早く動いてレシーブするのが基本となります。

コートで動く時には、最初に横に動いてから、次に縦に動くようにすると、ボールが急に伸びてくる場合でも、足を止めることでうまく出来ますし、サーブが落ちるボールに対しても前進すればレシーブが出来ますね。

最初にボールの進行方向の横をまず合わせてから、ボールが落ちてくる縦に合わせるようにするのが動きながらのサーブレシーブ(レセプション)のポイントです。

サーブレシーブをやり始めた方は、ボールの落下地点がそもそも分からないと思うかもしれませんが、初めは短い距離でサーブカットの練習をし、段々と距離を伸ばしていけばちゃんと落下地点がわかるようになりますので安心してください。

 

サーブレシーブの受け方

(1)相手のサーバーが体を向けている位置からコースをコースを予測します

相手サーバーの動きを察してコースを予測する

(2)目線を一定にしてすり足でサーブの落下地点へ移動します

目線を一定にしてすり足でサーブの落下地点へ移動

(4)面をしっかり作り辛抱強くボールを待ち、ボールを正面で受けるようします

ボールをしっかり正面でとらえましょう

姿勢が崩れてしまうケース

頭から突っ込んでしまうケース

頭から突っ込んでしまうケース

アゴが上がってしまい、腕を振ってしまうケース

アゴが上がってしまい、腕を振ってしまうケース

腕が下がり、落下地点に間に合わないケース

腕が下がり、落下地点に間に合わいケース

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

滑った方向のヒジを伸ばす

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑