*

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応

時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォーメーションの場合でも、ブロッカーのジャンプのタイミングが相手のスパイクに間に合わないことを想定して、後衛3人が動くことが重要になります。
プロッカーのすき間や横を抜けてくるボールと、フェイントの両方を意識して守れるようにしましょう。

コミットブロックの場合

コミットブロック:スパイクレシー時間差攻撃への対応

「スイッチ」でブロックするケース。A2のダミーの動きに対してB2が動き、レフト側のB1がその後ろから右へ移動してA1のクイックに対応する。
B3はそのヘルプ、B2はフェイントカバーに移動。後衛1と3はブロックを抜けてくるスパイクに備えてやや下がる。

リードブロックの場合

リードブロック:スパイクレシー時間差攻撃への対応

センターからの攻撃なので、リードブロックはバンチを使う。A2のダミーの動きに対してはB1とB2は動かず、A1の時間差と判断したら右に動き、右からB3も加わって3枚飛ぶ。後
衛1と3はフェイントに備えて前に移動し。2は定位置でワンタッチとブロックを抜けてくるスパイクに備える。

フェイントカバーも忘れない

スパイクレシープのフォーメーションでは、ブロックに跳ぶ選手以外が行う「フェイント」と「ブロックのすき間を抜けてくるボール」への備えがとても大切になります。

特に、どういったパターンでは、誰がフェイントをカバーするかしっかり想定をして練習することが大切です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

オープンスパイクと同じ要領で、ネットスレスレにボールを打ち込む

サーブポイントの確率が高まる強いジャンプサーブ

高い打点からスパイクのような強まるサーブを打つ 強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャ

続きを読む

人数が少なくてもできるゲーム練習

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばなくて悩んでいる方や、二段トスが飛ばなくて悩んでいる方向けに、どうした

続きを読む

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑