*

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応

時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォーメーションの場合でも、ブロッカーのジャンプのタイミングが相手のスパイクに間に合わないことを想定して、後衛3人が動くことが重要になります。
プロッカーのすき間や横を抜けてくるボールと、フェイントの両方を意識して守れるようにしましょう。

コミットブロックの場合

コミットブロック:スパイクレシー時間差攻撃への対応

「スイッチ」でブロックするケース。A2のダミーの動きに対してB2が動き、レフト側のB1がその後ろから右へ移動してA1のクイックに対応する。
B3はそのヘルプ、B2はフェイントカバーに移動。後衛1と3はブロックを抜けてくるスパイクに備えてやや下がる。

リードブロックの場合

リードブロック:スパイクレシー時間差攻撃への対応

センターからの攻撃なので、リードブロックはバンチを使う。A2のダミーの動きに対してはB1とB2は動かず、A1の時間差と判断したら右に動き、右からB3も加わって3枚飛ぶ。後
衛1と3はフェイントに備えて前に移動し。2は定位置でワンタッチとブロックを抜けてくるスパイクに備える。

フェイントカバーも忘れない

スパイクレシープのフォーメーションでは、ブロックに跳ぶ選手以外が行う「フェイント」と「ブロックのすき間を抜けてくるボール」への備えがとても大切になります。

特に、どういったパターンでは、誰がフェイントをカバーするかしっかり想定をして練習することが大切です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑