*

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み出すと同時に上体をボール下へ滑り込ませるように運びます。

体の前進を止めずに低い位置でレシーブします。できるだけ両手の面を使いましょう。

ころんだ時は手で衝撃をやわらげながら、体を床に滑らせるようにします。

 

転がったり、すべったりが目的ではない

ローリングレシーブやフライングレシーブ、スライディングレシーブは、回転やジャンプが技術の中心ではありません。唯一の目的はボールを上げることで、それ以外は目的を果たした後の体のさばき方にすぎません。

特にローリングレシーブは体の回転に意識が向きがちになるので注意しましょう。

 

両手にこだわる

ローリングでも可能な限り両手でレシーブしましょう。

両手レシーブのほうが面を作りやすく、体の軸に近い位置でレシーブできるからです。

 

(1)ボールの下を見て、上体ごと両手を差し出します。

(2)面が体の軸から離れないようにレシーブをします。

(3)姿勢が低い位置ほど、ボールが高く上がります。

(4)足を上げて上体を左へ回していく。

(5)上体を丸め、両足をたたんで後方に回転する。

(6)足を床につけて両手で体を起こす。

(7)回転の勢いを利用してすぐに立ち上がる。

 

体を運ぶ勢いで手の弱さをカバーする

普通の体勢ではとても間に合わない遠いボールをレシーブするとき、女子選手によく使われるのがこのローリングレシーブです。

体ごと飛び込んいくことで、手だけ伸ばしたのでは負けてしまう強いスパイクにも対抗できるのが利点です。

体を低く入れれば入れるほど、レシーブを高く上げることができる。また、レシーブの回転も次のプレーにつなげる動作としても重要な意味を持っています。

 

すぐに次の動作へ移る

レシーブ後は体を丸めながら後方に回転して立ち上がります。すぐに次の動作を開始するための動きで、ローリングレシーブのキーポイントのひとつとなります。
 
体が回ったら、顔を上げて「視界」を作り、すぐに次の動きに入るように意識しましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

クイック攻撃のバリエーション

クイック攻撃のバリエーション

スイングの変化とダミーの動きでブロッカーをかわす レシーブ、トス、スパイクのタイミングがピシャ

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑