*

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒザをついてしまうと、それ以上に前に移動できないのでスパイクレシーブ(ディグ)をすることができません。

前に落ちるボールが拾えない選手の多くが低い姿勢をとらずに、始めの一歩が前に出ないのでスパイクレシーブすることができません。

またすぐに低い姿勢を維持できずにヒザをついてしまうと、怪我に繋がる恐れもあります。

特に足首の柔軟性がないと、低い姿勢は維持できません。足首の柔軟性を高め、低い姿勢でレシーブできるようになりましょう。

ディグの受け方

(1)腕をしっかり伸ばしてボールの落下地点に面を置きます

(2)おへそを意識すると、身体全体でボールの下に入る動作が身につきます。

(3)足首の柔軟性を身につけて低い姿勢を維持できるようにしましょう。

 

上達のコツ

低い姿勢を維持できるように日頃からストレッチに取りもう

前方に落ちるボールは、片手で上げにくいのではなく、できるだけ両手でとれるように練習に取り組みましょう。

片手で上げにいっても上手くボールをコントロールすることが上手くできません。腕をしっかりと伸ばしてボールの落下地点に腕の面を置くように常に意識しましょう。

そのためには、腰を深く曲げた状態でボールの正面に入ることがとても大切です。身体全体の柔軟性もストレッチをおこなって高めていきましょう。

 

足首の柔軟性チェツクしよう

足首の柔軟性をチェックしましよう。足を揃えてそのままヒザを曲げます。足首が硬いと、後ろにお尻がついてしまいます。

カカトを床につけ、ヒザを揃えたままの姿勢で静止できるくらいの柔軟性が必要です。(10秒間停止)

足首の柔軟性をチェック◯

足首の柔軟性をチェック✕

足首の柔軟性を高めよう

足首が硬い人は、ポールや壁などにつかまりながらを足を揃えてそのままヒザを曲げます。そのまま10秒ほどキープします。コレをやるとすぐに足首の柔軟性が付きます。

また、正座をして足首の前側を伸ばすストレッチも行い柔軟性を高めます。

練習前の準備運動に取り入れてください。(10秒間停止)

足首の柔軟性 硬い人

足首の柔軟性 硬い人準備運動

足首が硬いと怪我の原因にもなりかねませんので、家でも壁や捕まるものがあったら何でもいいので、空いた時間でも足首の柔軟性を高めましょう。

私の場合は、実家のトイレが和式でしたのでちょうど同じような格好ができました。ちょうど良いところに掴まるところがありましたので、意識してやったらすぐに何も掴まらずにできるようになりましたよ。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。 サーブレシーブは、遠いボール

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑