*

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る

スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブより準備時間は短くなります。飛んでくるボールの速度は速く、強く、また球筋も低くなるのでレシーブする難易度は当然高くなります。

基本動作はアンダーハンドパスと同じですが、ボールの方向を見極める瞬時の判断力とすばやいポジション移動、そしてボールの勢いに負けないがっちりした面作りが求められます。

もちろん、ただレシーブすればいいというのではなく、いかにセッターへいいボールを返すのかがポイントになります。

スパイクレシーブは床面近くでレシーブになるので、サーブレシーブよりもさらに姿勢が低く構える必要があります。両足は肩幅よりかなり広めにし、スタートしやすいように両足は前後にズラして構えるようにしましょう。

 

基本的なレシーブ

(1)スパイカーをみて素早くレシーブポジションに入り、ヒザを深く曲げて姿勢を低くし、アゴを引いてボールの下面を見る。

すばやく移動しヒザを深く曲げる

(2)面を作って両肘を絞ります。両腕を揃えてセッター方向へ面を作り、レシーブの瞬間に両肘を絞りボールの勢いを殺します。

面を作ってヒジを絞る

(3)セッターがトスを上げやすいように、高いボールを上げる。

セッターへ高いボールを上げる

 

最初の1歩がとても重要

レシーブのための動きは1から2歩。最初の1歩めの踏み出がとても重要になります。逆足を軽くステップさせるなど、スタートのコツは人によって微妙に違います。自分のタイミングで練習をしっかりつかんでおきましょう。

初めの一歩の動き出しが重要

スパイクの方向を見極めて、一歩でどこまで近づけるのかがカギになります。

 

スパイクレシーブは腕は振らない

ボールが当たる瞬間に力を入れて両ヒジを絞り、腕を板のようにします。腕を前に振ることせず、しっかりと面を作ってレシーブをすれば簡単にボールが上がります。

面の角度だけでボールをコントロールするようにしましょう。

腕は振らずにレシーブをする

 

前に出て攻撃的なレシーブをする

すばやくポジションに入り、しっかり構えてボールを待つのがレシーブの基本ですが、ボールが横にきたときにスパイクの強さに負けてはじくことが少なくありません。

これを防ぐためには、基本形よりも前に出てボールを受けるという攻撃的なレシーブが有効となります。

ボールを待つのではなく、前に移動しながらレシーブするので体の正面で面が作れ、安定したレシーブができるようになります。

 

視界を作る

前に出るためには相手セッターのトスにタイミングを合わせて瞬間的に半歩下がる動作が必要になります。一瞬下がったときに相手スパイカーと自分の位置関係を確認し、(「視界を作る」という)、レシーブの前進を始める。

相手スパイカーとボール、味方のポジショニングなどを確認し、自分の位置も計算して「視界」を作るようにします。

 

後ろを抜かれる次点も頭に入れておく

前に出るレシーブは、スパイクが予測より前に来たときに一連の動作でローリングレシーブに移れるといった利点がある反面、後ろへ動きにくいという欠点があります。

味方ブロッカーがワンタッチしたときなどに、一度前に出る動きをしているので、どうしても遅れをとってしまうので注意が必要です。プレー中はそういう欠点もしっかり頭に入れておきましょう。

レシーブ体形を守っていれば、前にポジションを構えていないかぎり、後衛で後ろに飛んで行くボールに関しては、ほとんどがアウトになるボールだと思います。

基本的には、打つ瞬間に前に出て、正面でスパイクレシーブができるように準備をしましょう。

 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

スパイクで高くジャンプする方法

高くジャンプするポイントは、最後に踏み込むつま先を内側に向けることです。そうすることで助走の勢いが前

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑