*

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。

アゴが上がらないように注意して、身体の前方でボールを叩きましょう。スイングする時にもう一方の手を胸元に置くと、お腹に力が入り、より体重が乗ったパワーのあるスパイクを打つことができます。

  • ボールの落下地点を上目遣いで確認ましょう。
  • 左手を胸に引きつけ、お腹に力を入れます。体重が前にのるような体勢を作りましょう。
  • 必ず両足で着地しましょう。片足で着地するとケガのもとになります。

上体を右にひねりながら右腕を引く

上達のコツ!

手のひらを下に向けるとヒジが下がらない

手のひらを下に向けておくと、ヒジが下がりにくくなります。ヒジを上げた状態で肩を引くと、高い打点を維持できます。ボールを叩く時は、ボールの上部分をとらえて手首のスナップをきかせましょう。

練習法1

タオルを使ってスイングを身につけよう

スパイクする手でタオルの端を持ち、もう一方の手でリードしながらすばやくスイングをしてタオルをネットにかけましょう。スイングフォームが正しくないとネットにかかりません。この練習でスイングのフォームを確認しましょう。

練習法2

段階を追ってスイングを身につけよう

最初はネットを超えるようなボールを打ち、第2段階はセンターラインに向かって打ち、ネットの下を通過させます。第3段階はコートに一度バウンドさせてボールがネットを超えるように打ちます。すべてのボールを反対側のコートにいる相手に向かって打ち、段階を追ってさまざまなスイングを身につけましょう。

段階を追ってスイングを身につける

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

ネット上を細く分割し位置とタイミングを示す簡単な方法

スパイクのフォーメーション

攻撃の組み立てはチーム全員で共有しておく スパイクのフォーメーションでは、ネット上の空間を細かく分

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑