*

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。

アゴが上がらないように注意して、身体の前方でボールを叩きましょう。スイングする時にもう一方の手を胸元に置くと、お腹に力が入り、より体重が乗ったパワーのあるスパイクを打つことができます。

  • ボールの落下地点を上目遣いで確認ましょう。
  • 左手を胸に引きつけ、お腹に力を入れます。体重が前にのるような体勢を作りましょう。
  • 必ず両足で着地しましょう。片足で着地するとケガのもとになります。

上体を右にひねりながら右腕を引く

上達のコツ!

手のひらを下に向けるとヒジが下がらない

手のひらを下に向けておくと、ヒジが下がりにくくなります。ヒジを上げた状態で肩を引くと、高い打点を維持できます。ボールを叩く時は、ボールの上部分をとらえて手首のスナップをきかせましょう。

練習法1

タオルを使ってスイングを身につけよう

スパイクする手でタオルの端を持ち、もう一方の手でリードしながらすばやくスイングをしてタオルをネットにかけましょう。スイングフォームが正しくないとネットにかかりません。この練習でスイングのフォームを確認しましょう。

練習法2

段階を追ってスイングを身につけよう

最初はネットを超えるようなボールを打ち、第2段階はセンターラインに向かって打ち、ネットの下を通過させます。第3段階はコートに一度バウンドさせてボールがネットを超えるように打ちます。すべてのボールを反対側のコートにいる相手に向かって打ち、段階を追ってさまざまなスイングを身につけましょう。

段階を追ってスイングを身につける

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑