*

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す

アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、アンダーハンドパスと同じです。ただ、サーブは速く、強いボールが予想されるので、姿勢の低さとレシーブポジションへの迅速な移動がより重要となります。

サーブレシーブはセッターヘ安定したボールを送ることが最大のテーマです。両腕の面をしっかりキープし、その面をセッターへ向けることを常に意識しボールの下を見る事が大切となります。

ポイントとしては、相手サーバーが打つ体の向きで サーブコースを予測し、サーブを打ったらすばやくコースに入り、落下地点を予測し、低い姿勢で腕の面をしっかり作りボールを待ちます。

ここでセッターに腕の面をしっかり向けることが大切です。サーブカットした後のフォロースルーでもセッターにしっかり面を向けるように意識しましょう。

 

サーブレシーブの基本姿勢 (正面と側面)

(1)相手サーバーとボールをしっかり見る。ここである程度の打つコースを予測しておきます

相手サーバーをしっかり見る

相手サーバーをしっかり見る

(2)ボールが落ちる場所をすばやく判断し、できるだけ低い姿勢でボールの下へ体をすばやく運ぶ

低い姿勢でボールの下へ体を運ぶ

低い姿勢でボールの下へ体を運ぶ

(3)ボールの下面を見ながら両ヒジを締めて面を作る。腕をボールの下に入れ、セッター方向へ面を向けサーブレシーブをする

ボールの下面を見ながら両肘を締めて面を作る

ボールの下面を見ながら両肘を締めて面を作る

(4)セッターへ高めの安定したボールを送る。フォロースルーでも面をセッターに向けたままキープする

腕を上に動かしながら面をボールの下に入れ、セッターに面を向ける

腕を上に動かしながら面をボールの下に入れ、セッターに面を向ける

ポイント!ボールの下を見て両手の面で受ける

アゴを上げずに視線だけボールの下に向ける

落下点に入ってからレシーブまではボールの下面を見続けます

両手の面を当てるのは下面ですので、真ん中を見ていたらボールをうまく上げられません。

アゴは上げずに、視線だけをボールの下面に向けるように意識しましょう。

 

セッターの時間をかせぐ

アンダーハンドのサーブレシーブをできるだけ低い位置で行うのは、セッターがネットへ移動する時間をかせぐのが主な目的です。

コンマ何秒かのわずかな時間ですが、テンポの速いバレーボールでは、そのわずかな違いがどでも大きな効果を生みます。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボール始めた人は、初めからサーブが上手く打てることはほとんどありません。サーブは入らないのは当

続きを読む

サーブレシーブのフォーメーション

サーブレシーブのフォーメーション

サーブレシープのフォーメーションでは、セッター以外の5人が前3人、後ろ2人というW型の位置につく陣形

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑