*

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

 

サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは

  1. 持ち時間をたっぷり使って打つサーブ
  2. 審判が笛を吹いたら間髪入れずに打つサーブ

 

サーブは、誰にも邪魔されずに得点を狙える重要なプレーであり、自分たちが楽にディフェンスを行うために最も重要なプレーとなります。

相手のサーブレシーブを崩せるいいサーブを打つことができれば、ブロックカーは相手の攻撃を絞りやすくなり、すばやく準備することができます。

そのため、いかに相手チームの弱点をつき、コースを狙った精度の高いサーブを打つことがポイントです。ただ考えなしに打つのではなく時には打つタイミングやリズムに変化をつけて、打ってみるのもおすすめです。

 

持ち時間をたっぷり使って打つサーブ

打つタイミングに変化をつける時は、サーブを打つときのルールを利用しましょう。サーブは審判が増えを吹いたら、「8秒以内に打つ」というルールになっています。その8秒間を目一杯使って時間をかけて打つと、相手をじらすことでミスにつながる可能性もあるので効果的です。

時間をかけることにより狙いどころをしっかり決めて、トスも安定して上げることができますので、サーブの成功率も上げることができます。

 

 審判が笛を吹いたら間髪入れずに打つサーブ

時には、審判が笛を吹いた後、間髪入れずにすばやくサーブをうってみるんもいいです。審判が笛を吹いた直後は、まだ完全に集中していないので、準備が整っていないチームは意外と多いものです。

審判が笛を吹いたらすぐにサーブがくることがめったにないので、サーブゾーンに早めに入っておき、審判が口に笛を加える事を確認してサーブを打つ準備をしておきます。笛を吹いたらすぐいサーブを打って、相手の動揺させましょう。初めはいきなり打たれるのでとても効果があります。

一度使うと相手チームの学習するので、連続して次のサーバーもすると、相手のチームも早く準備をしている可能性がありますので、ある一定の時間立ってからやると効果的です。

 

同じサーブを打つにしても、タイミンやリズムを変えて行くことで、相手は神経を使わなかえればなりません。自分の努力次第でするに上達できますので、工夫してサーブの効果を上げていきましょう!

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

ジャンプフローターサーブの打ち方のコツを教えてください

安定したジャンプフローターサーブの打ち方のコツや練習方法を教えてください。

【質問】 ジャンプフローターサーブの打ち方のコツを教えてください。 ジャンピングフローターは

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック

リードブロックとは?

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック セッターのトスの方向を見極めてブロックに入る

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

白帯の上からボールを相手のコート側に落とす練習

ブロックの手の出し方の練習

手の出し方は、両腕を上げて腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをし、腕を白帯の向こう側にしっかりと

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

Comment

  1. ぱる より:

    1本目は8秒間たっぷり使って打って、2本目は笛が鳴って直ぐに打って…と1人ででも使い分けられますね。心理作戦もバレーの技術のうちってことかな。

    • volleyball-school より:

      バレーは意外と心理作戦をつかうんですよね。次フェイントしてくるよ!って相手の人にわかるように言っておくと、フェイントをしてこなかったりと言葉で相手を誘導する戦術もありますよね。(*^^)v

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑