*

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス

バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネットから離さなければいけないので、、右手の使い方がポイントになる。自分の左側から上がってきたボールを、右手で左側に押し出すようなイメージで、右手でコントロールして上げる。

センターからのバックアタックトス(パイプ攻撃)は、クイックと連動した時間差攻撃の意味合いが強いので、基本的にライトのバックアタックよりも、低めのトスで打たせる。

ポンと上に上げる感覚です。一方、ライトへのトスは、ボールがコートの外に落ちるくらい距離を伸ばす。スパイカーによってトスの高さがなので、コンビ練習で個々のトスの特徴をしっかりとつかみましょう。

上達のコツ!

セッターからのバックアタックは、前衛の時間差攻撃よりも少しだけ遅い攻撃という位置づけ。セッター前の時間差攻撃のトスを少し高くするイメージで上げよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

Bクイック

Aクイックよりも距離の長いBクイック

高さと速さが求められる速攻 Aクイックよりもセッターから離れた場所で打つのが、Bクイックです。

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑