*

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス

バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネットから離さなければいけないので、、右手の使い方がポイントになる。自分の左側から上がってきたボールを、右手で左側に押し出すようなイメージで、右手でコントロールして上げる。

センターからのバックアタックトス(パイプ攻撃)は、クイックと連動した時間差攻撃の意味合いが強いので、基本的にライトのバックアタックよりも、低めのトスで打たせる。

ポンと上に上げる感覚です。一方、ライトへのトスは、ボールがコートの外に落ちるくらい距離を伸ばす。スパイカーによってトスの高さがなので、コンビ練習で個々のトスの特徴をしっかりとつかみましょう。

上達のコツ!

セッターからのバックアタックは、前衛の時間差攻撃よりも少しだけ遅い攻撃という位置づけ。セッター前の時間差攻撃のトスを少し高くするイメージで上げよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロ

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

白帯の上からボールを相手のコート側に落とす練習

ブロックの手の出し方の練習

手の出し方は、両腕を上げて腕でネットの表面を撫でるようにジャンプをし、腕を白帯の向こう側にしっかりと

続きを読む

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック

リードブロックとは?

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック セッターのトスの方向を見極めてブロックに入る

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑